1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

鉱工業生産速報10月は前月比1.0%上昇、判断据え置き「一進一退」

ロイター / 2023年11月30日 9時47分

 経済産業省が11月30日発表した10月鉱工業生産指数速報は前月比1.0%上昇となった。2カ月連続の増加。写真は川崎市の京浜工業地帯で2012年6月撮影(2023年 ロイター/Toru Hanai)

Yoshifumi Takemoto

[東京 30日 ロイター] - 経済産業省が30日公表した10月の鉱工業生産指数速報(2020年=100)は前月比1.0%上昇となった。ロイター集計の民間予測(同0.8%上昇)を上回った。半導体メモリーや小型乗用車・トラックなどの生産が増えた一方、鉄鋼、灯油・重油は減少した。基調判断は「一進一退」で据え置いた。

半導体メモリーの生産増はこれまでの減産の反動の一面があり、パソコンやスマートフォンの生産が回復に転じたかは現時点で判断できないと経産省は説明している。

世界的な金利上昇による設備投資への影響は、「欧州向け建設機械などに影響が出ている」(経産省幹部)という。

企業の生産計画に基づく11月の予測指数は前月比0.3%低下、12月は同3.2%上昇だった。生産計画は上振れする傾向があるため、これを補正した試算値は11月が前月比1.9%低下だった。

経産省は生産計画を上方修正している企業の割合から下方修正した企業の割合を差し引いて企業の生産マインドを指数化しており、2021年末から緩やかな改善傾向が続いている。

*経産省の発表資料は以下のURLでご覧ください。

http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/index.html [http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/index.html]

※過去の関連記事はJPIP1=ECIJPIP4=ECIでご覧になれます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください