「プロフェッショナルとは」の問いに「ケイスケホンダ」と回答 “本田節”に物議

夕刊フジ / 2018年5月17日 17時18分

写真

本田圭佑(夕刊フジ)

 サッカー日本代表FW本田圭佑(31)が出演した14日放送のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」が“本田節”ともいえる衝撃的な内容で物議を醸している。

 番組では2月から本田に密着取材。欧州遠征後の4月1日のインタビューでは「ハリルのやるサッカーに全てを服従して選ばれていく、そのことのほうが僕は恥ずかしいと思っている」と激白。

 これだけでも“炎上上等”の事態だが、番組の最後で「プロフェッショナルとは」と問われると、しばし沈黙の後「ケイスケホンダ」と回答し、さらに火がついた。

 「大谷翔平も“ケイスケホンダ”か」「ただの強がりとギャグ」「笑ってしまった」といった批判が相次ぐ状況だ。

 気になる平均視聴率は4・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。前回7日放送の4・0%から0・7ポイントアップしたものの「昨年5月に放送された田中将大の回の視聴率は7・7%。銀座のママを取り上げた回も7%を超えたのですが…」とテレビ誌記者。

 本田の回は、再放送の枠(日曜午後1時5分)にスポーツ中継が入るため、再放送されないことに。見逃した人、残念。

fuji

トピックスRSS

ランキング