韓国の朴前大統領、検察に出頭 「誠実に聴取に応じる」

AFPBB News / 2017年3月21日 11時5分

韓国ソウルの検察庁舎に到着した朴槿恵前大統領(2017年3月21日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】(更新、写真追加)罷免された韓国の朴槿恵(パク・クネ、Park Geun-Hye)前大統領が21日、汚職や職権乱用などの疑惑をめぐる事情聴取のため検察に出頭した。

 首都ソウル(Seoul)の検察庁舎に到着した朴氏は国民に謝罪し、「誠実に事情聴取に応じる」と述べた。

 韓国で女性として初めて大統領に就任した朴氏は、友人による国政介入疑惑をめぐって国会で弾劾訴追され、今月10日、憲法裁判所に罷免を宣告された。韓国で大統領が弾劾で失職したのは初めて。

 私人に戻った朴氏を乗せた車は自宅を出た後、沿道で支持者が旗を振る中をゆっくりと進んでいき、スピードを上げた。自宅から検察までの短距離の移動はテレビで生中継された。
【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB News

トピックスRSS

ランキング