ハマス、反イスラエル闘争呼び掛け 米の「首都エルサレム」認定で

AFPBB News / 2017年12月7日 19時15分

トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受けて、パレスチナ自治区のガザで演説する、イスラム原理主義組織ハマスの最高指導者イスマイル・ハニヤ氏(2017年12月7日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】(更新、写真追加)ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受けて、パレスチナ自治区のガザ地区(Gaza Strip)を実効支配するイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)の最高指導者イスマイル・ハニヤ(Ismail Haniya)氏は7日、新たな「インティファーダ(反イスラエル闘争)」を呼び掛けた。

 ハニヤ氏は演説で、「われわれが新たなインティファーダに乗り出さない限り、米が支持するこのシオニスト政策に立ち向かうことはできない」と述べた。

 その一方、イスラエル軍は情勢の不安定化を受け、数百人規模の兵士をパレスチナ自治区ヨルダン川西岸(West Bank)に派遣することを決定した。
【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB News

トピックスRSS

ランキング