ISからシリアを「完全解放」 ロシアが宣言

AFPBB News / 2017年12月8日 5時0分

シリア東部デリゾール市で、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」掃討作戦の一環としてシリア政府軍が実施した空爆によって立ち上る煙(2017年10月31日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】ロシアは7日、シリアをイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の支配から解放する作戦の完了を発表した。一方で国連(UN)は、領土上の勝利は政治的解決が伴わなければ不完全だと警鐘を鳴らしている。

 ロシア軍幹部のセルゲイ・ルドスコイ(Sergei Rudskoi)氏は「シリアにはISIL(ISの別称)の支配下にある村や地区は一つもない。シリア領土はこのテロリスト組織の戦闘員から完全に解放された」と発表した。

 だがシリア内戦を監視している在英の非政府組織(NGO)「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は7日、同国東部デリゾール(Deir Ezzor)県のおよそ8%はまだISの支配下にあると発表している。

 またスタファン・デミストゥラ(Staffan de Mistura)国連シリア問題担当特使はスイス・ジュネーブ(Geneva)での記者会見で、ISから領土を奪還しても、その影響力が根絶されたことにはならず、ISが将来違う形で再出現することも防止できないと述べている。
【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB News

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング