ケインの新記録樹立を指揮官が絶賛、トッテナムは快勝

AFPBB News / 2018年1月14日 16時24分

17-18イングランド・プレミアリーグ第23節、トッテナム・ホットスパー対エバートン。チーム3得点目のゴールをチームメートと喜び合うトッテナム・ホットスパーのハリー・ケイン(左、2018年1月13日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】17-18イングランド・プレミアリーグは13日、第23節の試合が行われ、トッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)はハリー・ケイン(Harry Kane)が2得点を挙げるなど、エバートン(Everton)に4-0で快勝。マウリシオ・ポチェッティーノ(Mauricio Pochettino)監督は、プレミアリーグのシーズン最多記録である34得点をケインが更新するのではないかと期待している。

 この日の2得点で、ケインはテディ・シェリンガム(Teddy Sheringham)氏が持っていたプレミア通算97ゴールの記録を一つ上回り、クラブのプレミア歴代最多得点者となった。公式戦最近6試合で10得点を稼ぎ出し、リーグ戦のゴール数は20得点に到達。試合はあと15節残っている。

 ポチェッティーノ監督は「ハリーは信じられないし、またきょうもたたえなくてはならない。彼ならなんでも達成できるよ。そうしたメンタルとプロ意識の高さを持っている。望みをすべて実現できるし、それに必要な勤勉さを備えている。向上意欲を常に失わず、いつももっと成長したい、もっとゴールしたいと思っている」と話した。

「これはどうしても伝えておきたいことなのだが、どれだけゴールしても、ハリーはチームのために働くという考え方を忘れないし、その姿勢があるからこそ、あれほど特別な選手になれている。彼の頭の中では、常にチームを助けてチームのためにプレーすることが大切なんだ」

 欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)の激しい出場権争いが続く中、トッテナムはこの勝利で4位リバプール(Liverpool FC)と勝ち点で並んでいる。リバプールは14日、首位を独走するシティと対戦する。ポチェッティーノ監督は「チャンピオンズリーグ出場はわれわれにとっての挑戦であり目標だが、このレベルで長い間プレーするのが簡単ではないことはわかっている」と堅田た。

 ポチェッティーノ監督はまた、チームの先制点を決めたほか、ポストをたたく惜しいシュートやケインへのアシストがあり、クリスティアン・エリクセン(Christian Eriksen)のゴールにも絡んだ孫興民(Heung Min Son、ソン・フンミン)も絶賛した。

 孫興民もレギュラーの座を獲得できていることを純粋に喜び、「今はプレーするのがすごく楽しい。これからも得点し続けたいけれど、きょうは僕だけではなくみんなが良かった。ハリーを止めるのは不可能だ。彼は最高峰のストライカーで世界有数の選手。チームのためにハードワークしている。僕よりも若いけれど、彼から学ばせてもらっている」と話した。
【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB News

トピックスRSS

ランキング