「ヤニー」と「ローレル」どちらに聞こえる? 大論争でSNS二分

AFPBB News / 2018年5月17日 17時20分

米首都ワシントンで、音に耳をそばだてる女性(2018年5月16日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】「Yanny(ヤニー)」と「Laurel(ローレル)」、あなたはどちらに聞こえる?──2音節のみの短い音声を添えてこう問いかけるツイッター(Twitter)の投稿が、インターネット上で爆発的な騒ぎを巻き起こしている。ユーザーたちの回答は真っ二つに分かれ、両者とも譲る気配はない。

 16日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)によると、この音声はもともと米ジョージア州の高校生ローランド・サボー(Roland Szabo)さん(18)が学校の課題でオンラインの語彙(ごい)辞典を使用中に見つけて録音し、ソーシャルニュースサイトのレディット(Reddit)に投稿したもの。

 級友たちに聞かせたところ、「Yanny」と「Laurel」で意見が分かれたためサボーさんは興味をそそられ、別の友人にもデータを送付。この友人がインスタグラム(Instagram)に音声を投稿して投票を呼び掛けたものが拡散され、世界中のネット上で有名人をも巻き込んだ大激論を招いた。

「Yannyだ」と断言したのは、ホラー小説の大家スティーブン・キング(Stephen King)氏。一方、モデルのクリッシー・テイゲン(Chrissy Teigen)さんは「どう聞いてもLaurelでしょう。どうしたらYannyに聞こえるのか、見当もつかない」と述べている。

 ジョーク合戦も展開されており、米国防総省の公式ツイッターアカウントまでもが参戦。海兵隊の教官が新人隊員を叱りつける写真に「私は#Yannyと言ったんだ、新米!#Laurelじゃない!」とのコメントを添えて投稿した。

 音声を聞いた人のほとんどが、どちらか一方にしか聞こえないと答えることも議論に拍車をかけている。ちなみに、AFPワシントン支局内では17人が「Yanny」、14人が「Laurel」で、混ざって聞こえたり2回目には違うふうに聞こえたりしたスタッフが3人いた。

■カギは脳のはたらき

 音響記録・再生技術の研究開発を行うサンフランシスコの企業、ドルビーラボラトリーズ(Dolby Labs)のポピー・クラム(Poppy Crum)主任研究員は、聞いた人の置かれた環境が周波数に影響し、どう聞こえるかが変わると指摘する。ヘッドホンを使ったか、スピーカーで聞いたかという点だけでも違うという。

「中程度の、もしくは高い周波数を強調すると『Yanny』に聞こえ、低い周波数を強調すると『Laurel』と聞こえるようになる」とクラム氏は説明。人間の脳は音声を聞くと、あいまいな音を「カテゴライズ」しようとするため、今回の音声では答えが「Yanny」派と「Laurel」派に二分されることになったと述べた。

「本当の真実というものはありません。あるのは、私たちが何を真実だと知覚したかということだけです」とクラム氏は語っている。

 議論の的となった音声は、「https://twitter.com/CloeCouture/status/996218489831473152」で聞くことができる。
【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB News

トピックスRSS

ランキング