1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

中国の援助で「債務のわな」? 小国モンテネグロの巨額道路建設

AFPBB News / 2021年6月11日 8時0分

中国の援助を受け、モンテネグロ南部の港町バールで建設中の高速道路の一部(2021年5月11日撮影)。(c)SAVO PRELEVIC / AFP

【AFP=時事】バルカン半島の小国モンテネグロ。静かな村の頭上を走る真新しい高速道路が、山腹のトンネルに消えていく。


 ここは、中国からの資金に頼る10億ドル(約1100億円)規模の大工事の起工部だ。この事業のために同国の経済は危機に直面している。


 モンテネグロ政府は中国からの融資のうちすでに9億4400万ドル(約1030億円)を、工事の第1区間である41キロの完成に費やしてしまった。世界で最も高価な舗装道路区間の一つと言える。


 そして残る約130キロを完成するには、少なくとも10億ユーロ(約1330億円)が必要とみられている。


 中国人労働者たちが6年がかりで硬い岩盤にトンネルを掘り、山間部や峡谷にそびえ立つコンクリートの橋脚を建ててきたが、道路は文字通り行き先が見えない。


「立派なものが建ったが、ここで終わるわけにはいかないでしょう」と語るのは、マテセボ(Matesevo)村で引退生活を送るドラガンさん(67)。「まるで高級車を買って、車庫に入れっぱなしにしているみたいです」


 未完成の区間の資金調達、建設による環境破壊、発注絡みの汚職疑惑といった問題が指摘されているが、地元住民は工事の恩恵を強調する。


「土地が売れて、出て行った人もいます」と匿名で取材に応じた村民が語る。自宅脇には片側2車線の高速道路を支える巨大な橋脚が出来上がっている。「野菜やニワトリが作業員に売れました」。工事現場から出た土砂の山によって、川の氾濫も止まったと言う。




■深刻な資金切れ問題


 マテセボと首都ポドゴリツァ近郊の町を結ぶ最難関の区間は、11月に開通する予定だ。


 計画では、道路は南部アドリア海(Adriatic Sea)沿岸の港町バール(Bar)と北部のセルビア国境をつなぎ、さらにセルビアが自国の首都ベオグラードまで延ばすことになっている。


 だが、そのための資金をどこから得るのか、そして国内総生産(GDP)49億ユーロ(約6530億円)のモンテネグロがすでに中国に負っている債務をどうやって返済するのかは不明だ。


 AFPが閲覧した契約書によると、返済できなかった場合、モンテネグロは主要インフラの管理権を中国へ譲らなければいけない可能性がある。


 中国は巨大経済圏構想「一帯一路(Belt and Road)」の下、小国に払いきれない借金を負わせているとして広く批判されている。経済をてこにして政治的影響力を強める、いわゆる「債務のわな外交」を憂慮する向きもある。


 しかし中国当局は、モンテネグロなど西バルカン地域への融資にはいかなる他意もないと主張している。


 在モンテネグロ中国大使館は4月に発表した声明で「この協力は双方に有益であり、ウィンウィンだ」と述べた。さらに「中国の融資にネガティブなレッテルを貼ることは、中国に対して不当なだけではなく、西バルカン諸国に対する非礼でもある」とけん制した。


 モンテネグロは第1回返済期日を7月に迎える。中国側のこうした主張を検証する欧州初の国となり得るかもしれない。


 連立内閣の設備投資相ムラデン・ボヤニッチ(Mladen Bojanic)氏はAFPに「建設を続ける資金源が見つからなければ、深刻な問題になる」と述べつつ、道路を完成させると明言した。




■「衆人環視」を避けた決定


 現在、欧州連合(EU)に救済を要請しているボヤニッチ氏は野党時代、この道路建設はリスクが高く無謀だとして反対していた。


 汚職まみれの事業だと非難する活動家らもいる。選ばれた地場下請け業者の3分の1以上は、ミロ・ジュカノビッチ(Milo Djukanovic)大統領率いる旧与党、社会主義者民主党(DPS)にコネを持っていた。


 公開入札も行われず、支払金額と実際の作業の相関関係が不明だと、汚職監視団体「MANS」は指摘する。MANS調査部門ディレクター、デヤン・ミロバック(Dejan Milovac)氏は「建設に関する決定は、不当にも衆人環視を避けて行われた。今、そのツケが回ってきた」と言う。


 政府はあらゆる汚職の申し立てを調査すると約束している。


 さらなる問題は環境破壊だ。マテセボ付近を流れる川の一部は国連教育科学文化機関(ユネスコ、UNESCO)によって保護されているが、道路工事で荒廃した。工事を担当した中国企業は、修復のための資金供出に同意している。




■通行料金では補えない


 問題は予見されていた。専門家らは10年前、この事業は立ち行かないと政府に忠告していた。またアドリア海での商業・観光面での利益や北部貧困地域の開発への恩恵も、道路建設コストに見合わないと主張していた。


 通行料からの収益では、推定で年間7700万ユーロ(約100億円)とされる道路のメンテナンス費用さえ補えないと現政府は認めている。


「1日当たり2万2000~2万5000台の車両が利用しないと高速道路は採算が取れない」と土木技師のイバン・ケコビッチ(Ivan Kekovic)氏は言う。交通量の最大区間で予想される利用台数のおよそ4倍だ。


 マテセボ村に近いコラシン(Kolasin)町の教師、ジェリコ・ライコビッチ(Zeljko Rajkovic)氏(55)の考えはこうだ。首都ポドゴリツァまで旧道では90分かかるが、新しい道路を使えば、より安全で30分。しかし、往復の通行料と余分な燃料がかかる。「大嵐か緊急の時ぐらいしか利用しないと思います」

【翻訳編集】AFPBB News

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング