1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

モナリザ返還請求、「ダビンチの相続人の代理人」の訴え却下 仏裁判所

AFPBB News / 2024年5月15日 14時13分

仏パリのルーブル美術館に展示されているレオナルド・ダビンチの名画「モナリザ」(2024年4月17日撮影)。(c)Antonin UTZ / AFP

【AFP=時事】フランスの最高行政裁判所である国務院は14日、レオナルド・ダビンチ(Leonardo da Vinci)の相続人の代理人だと主張する団体が起こした名画「モナリザ(Mona Lisa)」の返還請求の訴えを却下した。


 ダビンチの相続人の代理人を務めていると主張する団体「International Restitutions」は、1519年に当時の仏国王フランソワ1世(Francis I)が世界的に有名なモナリザを自分の物にしたと主張。1797年以降、同作品を所蔵しているパリのルーブル美術館(Louvre Museum)からモナリザを撤去し、「正当な所有者」に返還するべきだと訴えていた。


 同団体については、本部も代表者も分かっていない。




 国務院は、違法な主張で手続きの「悪用」だとして、団体側に罰金3000ユーロ(約51万円)の支払いを命じた。また、フランスの王政下の「決定」については、審理する立場にないとした。


 ダビンチは1516年、フランソワ1世の保護を受けてフランスに拠点を移した。祖国イタリアを離れる際に多数の絵画を携えており、その中には1503~06年に制作したモナリザも含まれていた。


 ダビンチは、高額な年金と引き換えに国王に自身の作品を提供。こうした作品群は仏王室のコレクションとなり、以降、同国で所蔵されている。

【翻訳編集】AFPBB News

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください