1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

マスク氏率いる企業で「iPhone禁止」 アップルとオープンAIの連携批判

AFPBB News / 2024年6月11日 17時25分

米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO、2024年5月6日撮影)。(c) rederic J. BROWN / AFP

【AFP=時事】米アップル(Apple)は10日、iPhone(アイフォーン)など携帯端末に搭載する自社開発の生成AI(人工知能)「アップルインテリジェンス(Apple Intelligence)」を発表し、米オープンAI(OpenAI)の対話型AI「チャットGPT(ChatGPT)」とも連携可能にする方針を明らかにした。この連携について、実業家のイーロン・マスク(Elon Musk)氏はデータの安全性が脅かされるとし、自身が率いる企業でのアイフォーン使用を禁止すると表明した。


 マスク氏はSNSで「データがオープンAIに渡った後、どのように扱われるかをアップルは示していない。関知しないということだ」と批判した。




 マスク氏はオープンAIと競合するAI開発の新企業xAIを設立。2015年のオープンAI創業を支援した経緯もあるが、その後、同社を提訴している。


 アップルによると、アップルインテリジェンスは同日発表された新OS「iOS18」にも搭載される。


 アップルインテリジェンスはオープンAIの最新AIモデル「GPT-4o」にも対応し、音声アシスタント「シリ(Siri)」でチャットGPTが使えるようになる。

【翻訳編集】AFPBB News

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください