1000円の折りたたみ傘を持てば、お金持ち体質になれる!

オールアバウト / 2017年3月21日 8時15分

写真

お金をしっかり貯めたいなら、1000円の折りたたみ傘をカバンに入れておくことから始めてみませんか?

天候不安定の季節、いきなり雨に遭うことも

季節の変わり目は天候が不安定な時期です。暖かくなったかと思えばいきなり雨になって冷えて、1日で10度も気温が動いたりします。

まだ肌寒い季節の雨は悩ましいもので、体を冷やしますから油断すると風邪を引いてしまうこともあります。できれば濡れずに帰宅したいものです。

このとき、いきなりの雨で傘を持ってこなかったため、やむなくコンビニでビニール傘を買った、という経験は誰でもあるはずです。

こういう人はやはりお金が貯まらないタイプですが、年1万円は確実に損しているかも、と思って対策を講じてみてください。

そして、その差が積もって年何十万円もの損をしているのです。マネーハック的に「傘忘れのマネープラン」を考えてみます。

「傘忘れ」で年1万円以上の損をしているかも

傘が安くなっている、とはいえ100円ショップも100円では売っていません。216円か324円のことが多いでしょう。こういう傘は数回使うと壊れてしまいます。

コンビニであれば432~525円というところでしょう。仮に月2回弱ビニール傘を買うということはおよそ年1万円の損ということになります。

この1万円は傘さえあれば使わなくていいお金です。家の玄関にビニール傘が何本もぶらさがっている、という人はちょっと反省したほうがいいかもしれません。

「傘はそんなに買わないよ、だってタクシーに乗るからね」、という人はもっとムダづかいしています。同じペースで「傘忘れ」をしてタクシー料金を払ったとすれば年2万円になる可能性もあります。駅と家の距離によってはもっと高くつきます。

こどもが小さいからとか、体調が悪いといった理由なく、ひょいひょいタクシーに乗る人はかなりムダづかいしている傾向があります。

風邪を引いたら経済的損失はもっと大きくなる

「傘代を払うのがもったいない!」とばかりに雨の中を走って帰宅することは誰でも一度はあるでしょうが、確かに濡れて帰れば傘代もタクシー代もかかりません。

しかし、濡れた結果が風邪を引く、というのでは経済的損失はそれ以上になります。風邪で病院に行って薬をもらって帰ってくれば2000円くらいの自己負担になるでしょう。

風邪が長引いて数回病院に行けば年間の「ビニール傘代」の半分くらいムダにしてしまいます。傘を買わずに倹約したつもりが大損ということになります。

こういう生活スタイルが経済的には大損をしてしまう人生を招くのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
オールアバウト

トピックスRSS

ランキング