【景色がつまらなくない!】アソコを走るトレランに挑戦してみた!

ananweb / 2017年8月17日 19時50分



現役薬学生 吉田まりみ の実際に行って体験してみるレポート企画! 今回、anan総研マラソン部でもある私は、初めてのトレイルランニングに挑戦しました。走るのってもちろん体にも良いですが、爽快感や達成感も味わえますよね。でも、いつものコースに飽きてきたという人も少なくないはずです。そこでオススメなのがトレラン! 気分転換にこんな道を走るのはいかがでしょうか。


私が行ったのは横浜市最高峰の「大丸山」という山。横浜ではあるものの、鎌倉市との境い目に位置し、最寄り駅は鎌倉。そこから徒歩15分ほどで行ける鎌倉宮からスタートします。今回の大丸山は急な山道などもなく初心者にもオススメの場所です!

■ そもそもトレランって何?

トレランとは「トレイルランニング」の略で、舗装されていない山などの自然の中を走る近年人気のアウトドアスポーツです。いわゆる山岳マラソンのことだそうです。普通の道を走るより過酷そうと思われるかもしれませんが、普段は見られないものをたくさん見て楽しみながら走ることができます。例えば、いびつに生えている木の根、岩に生えた苔、道中に流れる小川など。初心者や走るのが苦手な人でも、普段は走らない道を走ることで自然のおもしろさを感じ楽しむことができます。

■ 持ち物は?

普段のランニングには必要ありませんが、ほとんどの人がランニング用のリュックを持っています。ここには、飲み物を入れたり、天候の変化に対応できるよう軽いウインドブレーカーを入れています。飲み物はスポーツドリンクと水を合わせて1Lほど持っていきました。帽子は山の中で強い日差しも少ないので、あってもなくても大丈夫です!

他には栄養補給のためのエネルギージェルやテーピングなど。飲み物は走っている途中でも水分補給ができるハイドレーションパックという入れ物もあります。初めての方は、まずは普通のボトルで、続けていくうちに専用のものを買い足していくのが良いと思います。

■ 靴や服装は?

私が普段着ているランニングウェアはTシャツ・短パン・ランニングタイツです。今回も同じ格好で行きました。トレランは山の中で気温がやや下がっているため、普段のランニングより涼しく快適に走ることができました。

注意が必要なのはランニングタイツ(スパッツ)の長さ。上級者の方ではランニングタイツを履いていない方もいますが、草などがたくさん生えていて虫に刺されることもあるので、初心者はくるぶしまである長さのランニングタイツをおすすめします。

靴はトレラン用のシューズではなく普段履いているロード用のランニングシューズでしたが、問題なく走ることができました。

■ トレランコース

今回のコースはこんな感じ。
鎌倉駅→鎌倉宮→瑞泉寺→市境広場→大丸山→金沢自然公園→市境広場→獅子舞→鎌倉宮

整備された道が多くあり、初心者には走りやすくオススメのハイキングコースです。走っている途中はハイキングしている人ともすれ違いました。

■ ええ?! こんな道も走るの?

むき出しの岩があるところもあります。ここは道になっているから、まだ良いほう! 道じゃない草むら、ちょっとした小川なんかも渡ったりします。

ただ道も川も初心者が勝手に入ると危険な場合もあるので、コースからは外れないようにしましょう。

■ 天国のコース!

初心者コースということで、鎌倉の建長寺から瑞泉寺につながる「天国ハイキングコース」も通りました。大丸山頂を目指して天園茶屋という場所から分岐してどんどん走り続けます。

途中では池などもあり、魚を見ることもできました! そこで釣りをしている方にも出会いました。ほかにも木々の間から鎌倉の街並みを望めたり、墓地の横や湿地を走ったり、普段のランニングではできない体験をたくさんすることができました。

また、ハイキングの方や同じくトレランをしている方とすれ違う事もあり、その時に挨拶をしてくださる方が多く、疲れている時は励みにもなりました!

最初は軽く走れていた道のりも、だんだん疲れがたまって足取りが重くなってきます。汗もびっしょり。走るのが辛くなってくるので、歩いたり走ったりの繰り返しです。疲れているとトレランの魅力でもある、木の根や岩角などは引っかかりやすくなったり、滑りやすくなったりするので注意が必要です。

疲れても「あと少し、あと少し」と前に進んでいくと……。

■ ついに到着!!

横浜市最高峰!標高156.8mです!途中、歩いたりもしながらでここまでは約1時間程でした。

■ 頂上は最高の景色!

頂上から見える景色は本当に最高! 疲れているからこそ、この絶景を見ることができた時は本当に感動しました。

遠くは横浜のランドマークタワーや八景島シーパラダイスなども望めます。この場所は公園のような広場になっていて、ベンチで休憩している人もいました。シートなどをもってきて休憩がてらピクニックなども良いかもしれません。

走っている途中は疲れて挫折しそうになりましたが、緑豊かな木々に癒され、すれ違う方に励まされ、やっとこの展望までたどり着くことができました。到着したときは、本当に頑張って良かったと思いました。

この後に寄った金沢自然公園ではレストランや売店などもありました。売店ではアイスなども売っていましたが、私は疲れて撃沈..…。

今回の走行距離は全部で約15km。休憩などもいれて約4時間くらいでした。

■ 薬学生の豆ちしき

野性的に走るトレイルランニングは、舗装されていない道を走ることで、普段とは違った筋肉を動かし、全身持久力をつけることができます。

全身持久力は肥満や生活習慣病の予防だけでなく、動脈硬化の予防にも繋がります。また、厚生労働省によると全身持久力の高い人と低い人を比べた場合、全身持久力の低い人は高い人よりも3-4倍死亡率が高かったという研究結果があるそうです。〔1〕

みなさんもぜひトレイルランニングをやってみてはいかがでしょうか?

参照
〔1〕





(C) lzf/Gettyimages

ananweb

トピックスRSS

ランキング