【トップスは夏から秋へ】誰でも着られる! タートルネックの選び方|スタイリストの体型カバーテクニック術 ♯35

ananweb / 2017年9月14日 20時30分



スラリと美しいシルエットをつくる、タートルネックに憧れる。だけど、タートルネックは人を選ぶと言われています。実際に着てみた時に違和感を覚える方も少なくありませんよね。一度似合わないと思えば苦手意識が強くなって、手を出そうと思えなくなってしまいます。今回は、タートルネックと相性が良くないと思っている方におすすめするタートルネックを着こなし方をご紹介いたします。

【スタイリストの体型カバーテクニック術】vol. 35

■ タートルネックは体が大きく見えやすい!


タートルネックが苦手とされるのは、顔下からデコルテ付近までのボディラインが顕著に目立ちやすい服であることが大きな原因となっています。そのため、フェイスラインが大きい・首が短い・肩幅が広いという上半身のボディバランスに偏りがある方は相性の悪い服になってしまうのですね……。

それを軽減させるには、王道のタートルネックだけでなく目立つボディラインをカバーしてくれるタートルネックを意識的に選ぶことで苦手を克服することができます。

■ フェイスラインが大きい方は、ビッグタートルを

肩幅に対して顔のラインが目立って大きく見えてしまう方は、ピッタリしたシルエットよりも、ゆったりオーバーサイズ気味のタートルネックを選ぶのが正解です。ハイゲージ(編み目が細かい)ニットより、ローゲージ(編み目の荒いざっくりした)ニットでトップスにボリューム感を持たせましょう。

首周りにぴたっとしたシルエットだと顔の大きさを強調させてしまうので、首回りは影が出るくらいに大きくゆったりシルエットを意識されると良いですよ!

■ 肩幅広めさんは、重ね着で取り入れる

肩幅の広い方は、とにもかくにも重ね着を意識してみてください。ピッタリしたタートルネックを一枚で着ると、肩幅のラインが目立ってたくましく見えてしまいます。なので、ジャンパースカートのインナーにタートルネックを着たり、上からロングジレを羽織ったりなどして、肩のラインが目立たないように重ね着でカバーすると良いです。

1枚でどうしても着たい……!という時は、2連のロングネックレスもしくはストールをかけて縦ラインに目線がいくように仕込むと肩幅に目線がいかなくなります。

■ 首短めさんはタートルより短い、スタンダウェイカラーをチョイス!

タートルネックを着ると、首周りがムチ打ちした人みたいになる、という方は首がやや短い可能性があります。なので、首にフィットしたボトルネックは基本的に相性が悪いのです。首の短さを目立たせずに、キレイにタートルネックを着るならば、立ち襟のハイネック、スタンダウェイカラーがおすすめです。

首周りにフィットしていないので、首の長さを強調させることなく美しく着こなせます。スタンダウェイの中でも襟周りが広いものを選ぶとさらにGOOD♡

■ タートルネックのシルエットがポイント!

似合わないと思っていたタートルネックも、シルエットや襟の開き具合、タートルネックの大きさなどによって上手に着こなせるものもあります。本当は着てみたいけれど、自信がないという方はどの部分が自分に似合わないのか原因を知ることが大事。

その上でカバーできるタートルネックを探してみてくださいね!


ananweb

トピックスRSS

ランキング