【××を汚す】男性が家に呼びたくなくなる女性の行動3選

ananweb / 2017年10月13日 20時30分



彼の家で遊んだりお泊りに行くとき、浮かれていてはいけません。入れてもらえる喜びよりも、入ってからの振る舞いは今後のお付き合いを左右するものになります。「この子ないな」と思われたら、二度と家に入れてくれないどころか、100年の恋も冷めるなんてことも。 今回は、男性が家に呼びたくなくなる女性の行動をご紹介したいと思います。

文・白武ときお

【みんなの恋テク】

■ 男性が家に呼びたくなくなる女性の行動


■ 1.勝手に見ていく

「初めて家に入れたときに冷蔵庫とか、引き出しとかを勝手に見る子はないなあと思う。ガサツすぎて引いちゃう」(28歳・建築)

初めて彼の家に行った時に、浮かれていろいろ物色したくなる気持ちはわかります。しかし、彼からすると見られたくないものもあるし、「呼んだの失敗だったか」と次回はやめておこうというモードになります。

■ 2.洗面所が汚いまま

「ドライヤーのあとに髪の毛が大量に残ってたり、化粧のあとに粉とかが残ってたり。そういうのを汚いままにされると、なんかがっかりする」(27歳・飲食)

男性は普段自分が生活している以外の汚され方をすると、インパクトがあるので記憶に残ります。女性が家に帰ったあとにその汚れを見ると「普通きれいにするよね?」「なんで放置するのかな?」と思いながら掃除するはめになります。水回りの汚れは嫌われやすいので特に注意しましょう。

■ 3.ゴミを放置で帰っていく

「コンタクトとか1DAYの化粧水袋とか、そういう小さい放ったらかしのゴミがあると腹が立つ。こういう気を遣えない女の子とは結婚できない」(27歳・貿易)

お泊り用のゴミは、その場その場で使って放置してしまいがち。お風呂の中に使い切りのシャンプーの袋がそのままだったり、コンタクト液がこぼれていたりすると雑だなあとがっかりします。付き合いたては完璧を目指し、来た時よりもキレイにするよう心がけましょう。

■ 彼の「そのままでいいよ」の言葉は信用しない

男性は潜在的に女性に気遣いや清潔さを期待しています。なので、汚されると期待との振り幅でものすごいがっかりします。そのことを意識して、彼の家に行くときは、嫌われないよう原点されないように過ごすのが大事。彼がいいよと言っても、きれいにしてから出るように心がけましょう!

(C)EmirMemedovski/Gettyimages
(C)skynesher/Gettyimage

ananweb

トピックスRSS

ランキング