【蜘蛛を殺すと…】意味を知ると怖い「朝してはいけないこと」4選

ananweb / 2017年10月19日 19時45分



朝は、一日の生活や運勢を決める大切な時間。朝の行動ひとつで、その日一日が大きく変わることもあると言われています。そんな重要な時間に、もし大きく運を下げる行動をしてしまったとしたら……。そこで今回は、占い師の脇田尚揮さんに“朝してはいけないこと”をご紹介いただきます。

文・脇田尚揮

■ ■髪を乾かさずに出かけると「陰の気」がへばりつく


朝にシャンプーしたり、髪にスプレーしたりする人は多いと思います。

でも、ここで大切なのはドライヤーなどを使って“きちんと乾かす”こと。急いでいるからといって濡れた髪のまま出かけると、“陰の気”や“ネガティブなもの”がへばりついてしまうのです……。

幽霊の多くは、髪が濡れた姿で描かれますよね。それは、水分を含んだ髪が“陰の気”を呼びやすいからなのです。

■ ■カーテンを開けず換気をしないと……

朝一番の太陽光には、あなたの魂を呼び覚ますパワーがあります。そして朝の新鮮な空気は、自然の浄化力が強いとも言われています。

もしもあなた自身、一日を“吉”へと舵切りしたいなら、どんなに眠たくても寒くてもカーテンを開け、数分間換気しましょう。それだけであなたの一日はガラリと変わるはず。

ずっと閉め切っていると、部屋に澱んだ気が溜まり、あなたの一日も湿っぽいものに……。

■ ■宵越しのお茶を朝飲むと生気がなくなる

夜、リラックスするためにティータイムを設けるのはとても良いこと。神経のピリピリやイライラを取り除いてくれますよね。

しかし、夜に残ったお茶を、翌朝飲むのはやめましょう。

神棚への水も仏壇の水も、朝必ず取り替えますよね。それは礼儀でもありますが、これから始まる一日に感謝をするという心構えでもあるのです。

そのため、宵越しのお茶を口にするのは、あなた自身を蔑む行為。必ず新しいお茶を淹れてくださいね。

■ ■朝、蜘蛛を殺してはいけないその真意とは

「朝蜘蛛は殺すな、夜蜘蛛は殺せ」こんなことを聞いたことがあるかもしれません。この言い伝えには、実は隠された意味があるのです。

蜘蛛が朝に巣を張るのは、ほぼ晴天のときで、雨天時には滅多に出てきません。朝、蜘蛛を見かけたら“晴れの日”という証拠なので、殺してはいけないのです。

蜘蛛はお釈迦様の使いとされていますし、生物学的にも他の害虫を駆逐する益虫です。朝であろうと夜であろうと、殺さないに越したことはありません。無益な殺生はあなたの運を下げるばかりですから……。

朝の行動は、あなたの一日を支配しています。もしも朝、運気を下げる行動をとると、その日一日が“負の気”を帯びるのです。

しかも、習慣というのはなかなか変わらないもの。これを何年も続けていると、積もり積もった“負の気”により、不運に見舞われてもおかしくありません。だからこそ、朝の行動には要注意です。


(C) kudla / Shutterstock
(C) lzf / Shutterstock
(C) Khvalina Anna / Shutterstock
(C) Sugarless / Shutterstock

ananweb

トピックスRSS

ランキング