レビューに頼る? 頼らない? 賢い「ネット通販」9つの心得

ananweb / 2018年2月24日 20時0分

レビューに頼る? 頼らない? 賢い「ネット通販」9つの心得



ネット通販などで「賢い買い物」をするには、実は様々なポイントがあるんです。素敵なアイテムが見つかったら、「買い方」にもひと工夫を。安く買うだけでなく、ショップポイントなど“ネット購入の特典”をしっかり受け取るのが達人への第一歩!


いいと思ったら即、購入ボタンをポチリ。でも、ちょっと待って。

「ネットショッピングでこそ、いかにお得に、上手に買うかの腕が問われます」とは、ネット通販コンシェルジュの遠藤奈美子さん。

「定価より安く買うのはもちろんですが、どのサイトで、どのカードを使って支払うかで、ポイントの貯まり方がまったく違います。まずはよく購入するショップで、いつ、どのカードで買えばお得かをチェックしてみてください」

たとえば、モールサイト。「ポイ探」の菊地崇仁さんによれば、「どのポイントを集中的に貯めたいかで決めてもいいし、配送方法や自分にとって便利なサービスの有無で選んでもOK。“メインサイト”を絞ると結果、お得です」

基本のコツから大手人気サイトの嬉しいサービスや商品展開まで、買い物上手の近道を教えます。

≪上手なネットショッピング 9の心得≫

■ 1 ポイントが貯まる条件をチェックする。

ネット通販のサイトは、買い物金額に応じてポイントが貯まるサービスを提供しているところがほとんど。貯まったポイントを使って買い物をすればより安く!

「たとえば『5がつく日は5倍』『サイトが指定するクレジットカードに加入すれば倍増』などの諸条件で、ポイントが大幅アップします。また、楽天市場なら楽天モバイル、Yahoo!ショッピングならYモバイルかソフトバンクの携帯を使っているだけでポイントアップ。よく利用するモールやサイトがあるなら、それに合わせてカードと携帯会社を選ぶと、絶対にお得です」(菊地さん)

■ 2 口コミのレビューに惑わされない。

実物を見られないネットショップで、商品の良し悪しを判断する一助になるのが口コミレビュー。

「極端に良いこと、悪いことしか書いていないレビューは参考から除外しましょう。サクラか、ライバル社が書き込んだ可能性があります。5段階評価なら、2~4評価のレビューを参考にするのがおすすめです」(遠藤さん)

■ 3 貯めたポイントはすぐ使う。

「ポイントには、使用期限を設けてあるケースが多いです。使いそびれて失効する前に、すぐ使いましょう。また、ポイントは企業から“貸与”されているものなので、使わないと自分のものになりません。不正アクセスなどで盗まれた場合、補償されないこともあるため、すぐ使ったほうが確実なのです」(菊地さん)

■ 4 情報収集はアプリが最速。

ショッピングサイトの中には、スマホ向けに公式アプリを用意しているところも。

「お得に買い物したいなら、ポイントキャンペーンやセールの通知が来るアプリは必須。アプリから買い物することが、ポイントアップの条件になるケースもあります。配送状況の確認ができる機能つきアプリなら、より便利」(遠藤さん)

■ 5 サイトアドレスを確認する。

ショッピングサイトの中にはセキュリティが不十分で、個人情報流出につながるケースもあるので要注意。

「氏名や住所、カード番号など個人情報を入力するときは、サイトアドレスを確認。“http://”から“https://”に変わっていれば、“SSL”という暗号化技術が採用されている証拠なので、安心です」(遠藤さん)

■ 6 買いすぎ防止策を決める。

便利すぎるネットショッピング。買いすぎにはご注意を!

「買い物カゴに入れたらすぐに支払いせず、翌日、冷静になった状態でもう一度、必要なものかを確認してから買うといいですね。ひと月に使う金額や1回の買い物で使う額の上限を決めたり、買い物する曜日や時間を限定するのもよいでしょう」(遠藤さん)

■ 7 クレジットカード番号は保存しない。

「クレジットカードの番号を入力すると、“保存しますか”と聞かれることがあります。保存するとサイトを運営する会社のサーバーに保管されるのですが、そこからカード番号や氏名が流出し、不正使用されてしまうことも。カード番号は買い物のたび入力して、保存しないようにするのが安全です」(菊地さん)

■ 8 ポイントモールを経由する。

クレジットカード会社などが運営する「ポイントモール」というサイトからショッピングサイトを利用すると、獲得ポイントがアップすることも。「たとえば“LINEショッピング”というモールを経由して楽天市場で買い物をすると、LINEポイントがもらえるうえ、楽天ポイントも獲得できます。持っているクレジットカードの会社が運営するモールを調べて、利用してみましょう」(菊地さん)

■ 9 カード明細は必ずチェック。

「身に覚えのない購入履歴があったら、カードを不正使用された可能性が。すぐキャンセルしましょう。カード会社がリリースしている明細アプリを入れておけば、数日で履歴がアップされるので、チェックできます。最近は巧妙化していて、購入履歴に基づく商品をわざわざ不正購入する傾向にあるので注意」(菊地さん)

※サービスやキャンペーン、ポイント獲得の条件は、2月5日現在のものです。
遠藤奈美子さん ECアナリスト、ネット通販コンシェルジュ、All Aboutガイド。ネット通販の会社に勤務した経験から、ネットショッピングにハマる。ネットショップの運営にも携わる。

菊地崇仁さん 株式会社「ポイ探」代表取締役。ネット通販やカードでポイントをお得に貯める、使う方法を研究。クレジットカードを約60枚持ち、携帯は6キャリアを利用する。

※『anan』2018年2月28日号より。イラスト・深川 優 文・風間裕美子

ananweb

トピックスRSS

ランキング