男子戦慄…!男に浮気を白状させた「カマかけLINE」3つ

ananweb / 2018年4月22日 20時15分

男性と付き合う上で、意識してしまうのが“浮気”です。女性は勘が鋭いので、たいてい初期段階で察してしまいます。せめて正直に話して欲しい……と思うかも。問い詰めたとしても、はぐらかすような男もいる。そこで、“浮気を自白させたカマかけLINE”というテーマで女性たちの話をご紹介します!
文・塚田牧夫

■ 「最近香水つけてるの?」


「彼に連絡がつかない時間が多くなり、浮気を疑い始めました。かなりの確率でクロだとにらみました。

しばらくして彼と二人で会う機会がありました。そのときは特に問い詰めもせず、穏やかに過ごしました。行動に出たのはそのあとです。

LINEで“最近香水つけてるの?”と送ってみたんです。男は香水なんてあまり意識しないでしょう。どんな反応をするのかと思いました。けど、返事は“つけてないけど……”だけ。文面だけでは心の動きまでは分かりませんでした。

でも、次に会ったとき、浮気が確定しました。なんか、男ものの香水をうっすらつけてきたんです。前回の件をごまかそうとしてるのはバレバレ。

そこでまた“前回会ったときは女ものの香水だったんだけど”と、カマをかけた。しばらくはすっ呆けてたけど、逃げられないと分かると、浮気を自白しました」ヒサ(仮名)/27歳

■ 「いま家に向かってるところ」

「彼と会う約束をしていた日でした。数時間前に、急に体調を崩したとかでキャンセルになったんです。お見舞いに行くと言ったんですが、“寝るから来なくていい”と断られた。

そのあと友だちの家に遊びに行ったんです。で、その話をすると、“浮気じゃね?”と言われた。そこで、カマをかけてみることにしたんです。

まず、“やっぱりお見舞いに行くね”とLINEを送ってみました。が、しばらく待っても返事は来ず。なのでさらに追い打ちを。“いま家に向かってるとこ”と送り、“もうすぐ着くよ~”と伝えたんです。

そうしたらすぐに返事が来ました。“実家に帰って休んでるから家にはいない”と来たもんです。絶対ウソ。チ~ン……でしたね」ノリコ(仮名)27歳

■ 「行きたいところがある」

「友だちからの密告により、彼の浮気がほぼ確定している状況でした。浮気相手は、友だちの友だち。私も一度会ったことある子でした。

あるとき、彼と会う約束をLINEでやり取りしていました。何時にしよう……どこ行こう……なんて話をしていました。

そこで私は“行きたいところがある”と言いました。“どこ?”と聞いてきたので、私は“××”と答えた。そこは特になにかある場所ではなく、どちらかというと住宅街。

なぜそこを指定したかといえば、浮気相手と思われる女の住んでいる場所だったからです。彼は“分かった”とだけ言いました。

当日、私は約束をすっぽかしました。二時間後に、彼から連絡が。どこにいるかと聞かれたので、家だと。それから彼が来て、私にひたすら謝りました」マサミ(仮名)/29歳

“男に浮気を自白させたカマかけLINE”をご紹介しました。

白状して欲しいか、それとも隠し通して欲しいか、意見は分かれるところかもしれません。でも、隠してもいずれどうせバレることなので、こういった手法で、早めに白日のもとに晒したほうがいいのかも……。

(C) George Rudy / Shutterstock
(C) RossHelen / Shutterstock
(C) SFIO CRACHO / Shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング