あなたの家は大丈夫?運気が下がる「玄関・リビング」の特徴3つ

ananweb / 2018年7月18日 20時45分

あなたの家は大丈夫?運気が下がる「玄関・リビング」の特徴3つ

玄関は、その家の顔となる大切な場所。ここが風水的によくない状況になっていると、家の運気はどんどん下がっていきます。またリビングは、あなた自身の社交運と密接に関わるとされています。どちらも重要なスポットであることに変わりはありません。そこで今回は、占い師の脇田尚揮さんに“運気を下げる玄関・リビングの特徴”をご紹介いただきます。
文・脇田尚揮

■ ■玄関マットがなく靴は出しっぱなし


玄関マットは悪い気をシャットアウトし、良い気だけを家の中に通すフィルターの役割を果たしてくれます。そんな玄関マットが汚れていると、その効果が下がるので、こまめに洗濯するよう心掛けましょう。

また、履いていない靴をタタキに出しっぱなしにするのは避けましょう。その日に履く靴だけが出ている状態がベストです。それ以外は下駄箱にしまうか、箱に入れて保管するようにしましょう。

■ ■玄関の右側に鏡があるとNG

鏡は風水的に重要なアイテムです。きっと玄関に飾っている人も少なくないでしょう。ただし、部屋の中から玄関を見て右側に鏡があるのはNG。事故やケガを招いたり、人から悪い噂を立てられたりする原因になるのです……。

もし鏡を置くのであれば、逆方向である玄関の左側の“青龍位”と呼ばれる場所にしましょう。きっと運気が良くなるはず。また、鏡をピカピカに磨いておくことも忘れずに。

■ ■家具が入り口を遮っている

ソファなどの家具が部屋の入り口を少しでも塞いでしまっていると、気の流れが悪くなり、風水的にNGとされています。家具を移動させ、開放感のある状態にしておきましょう。

また、背の高い家具は圧迫感を与え、部屋を狭く見せてしまいます。リビングには背の高い家具は置かず、空間を広く残しておくことが重要です。

家の入り口である玄関は、良い運気が入ってくる場所でもあります。風水的に良い状態の玄関からはいい運気が、悪い状態の玄関からは悪い運気が舞い込むとされます。

そのため、風水的にはどんな部屋よりも玄関がポイントになるのです。

また、リビングは家庭運や社交運と密接に関係する大切な場所。明るく広々とした居心地の良い空間を作るよう心がけましょう。

(C) PHOTO NAOKI / PIXTA
(C) Aleksei Isachenko / Shutterstock
(C) studiovin / Shutterstock
(C) releon8211 / Shutterstock

ananweb

トピックスRSS

ランキング