男子ウンザリ…不倫カップルの「破局時ドロドロLINE」3つ

ananweb / 2019年2月21日 20時15分

男子ウンザリ…不倫カップルの「破局時ドロドロLINE」3つ

不倫をしている最中は、夢中になっていてとても楽しいかもしれません。しかし、その関係が終わろうとしているとき、すべての思い出が辛く悲しいものに変わることも少なくありません。今回はそんな、“不倫カップルの破局時ドロドロLINE”と言うテーマで男性たちに話を聞きました。
文・塚田牧夫

■ 「誘ってきたのはそっちでしょう」


「不倫の関係が始まって一年ほど。些細なことでケンカすることが増えてきました。家庭にはない安らぎを求めて付き合い始めたのに、これでは意味がないと、別れようと思ったんです。

でも、別れ話をしてもすんなりとは受け入れてはもらえませんでした。しばらくはLINEなんかでも、そのことについてやり取りしていました。そこで、付き合い始めたときの話になったんですね。

俺の感覚では、彼女のほうから家に誘ってきた……という感じだった。それを伝えたら、“誘ってきたのはそっちでしょう!”と怒りの返事が。ホテルだとお金がかかるから、自分の家に誘ったんだと……。

そこでまたケンカですよ。誘ったのはどっちが先か……。埒が明かないやり取りにウンザリでした」トモヤ(仮名)/37歳

■ 「すべて返却します」

「不倫という関係にはなったものの、僕としては完全に遊び。家庭を壊すようなことは絶対にしたくありませんでした。でも、関係が始まって半年ぐらいして、彼女が本気っぽくなってきたんです。

連絡なんかも頻繁にくるようになって……。これ以上はダメだと思い、別れを決意。それをまず、LINEで告げたんですね。すると、意外とあっさり受け入れられたんです。

しかし後日、彼女から“すべて返却します”というLINEがきました。写真が添えられていて、ダンボールのなかに、僕のあげたものや置いていったものなんかが詰まっていました。そしてそれを、“実家に送ります”と言うんです。それは困る!

必死に説得し、なんとかコンビニ受け取りにしてもらいました。受け取ってなかを見たら、時計や本、下着、使いかけの避妊具の箱なんかも入っていましたね」ミツル(仮名)/35歳

■ 「もうすぐ誕生日だからでしょう?」

「もともと長く付き合うつもりはなかったんだけど、ズルズルと不倫関係を続けてしまい、一年以上経ったとき。あと一ヶ月で、彼女の誕生日であることに気付きました。

誕生日となるとプレゼントを用意しないといけないし、何かと厄介だと思い、その前に別れを伝えようと思いました。

なので、軽~く、“別れたほうがいいかも”みたいなことをLINEで告げたんです。すると、“もうすぐ誕生日だからでしょう?”と返ってきました。図星……。

一応否定はして、“じゃあ話は誕生日祝ってからにしよう”と送ったら、“お祝いする気分じゃないでしょう”ときた。そりゃそうだ……。

別れを切り出すタイミングって難しい……」ケンタロウ(仮名)/37歳

“不倫カップルの破局時ドロドロLINE”をご紹介しました。

不倫をして、綺麗に別れられるなんてことはほぼありません。もっと悲惨な別れもたくさんあります。常に最悪の状況を覚悟して付き合うべきでしょうね。

© Tiko Aramyan /shutterstock
© GaudiLab /shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング