美化するなよ…男が呆れた「元カノからの勘違いLINE」3つ

ananweb / 2019年3月20日 20時15分

美化するなよ…男が呆れた「元カノからの勘違いLINE」3つ

昔からの知り合いと思い出話などをしていて、話が噛み合わないことはないでしょうか。同じ出来事でも、人によって受け止め方が違う場合があります。恋人関係では、それが顕著に表れることも……。今回は、“過去を美化していると思った元カノのLINE”というテーマで男性たちに話を聞きました。
文・塚田牧夫

■ 「お互い子どもだった」


「三年ぐらい前に付き合っていた子がいました。年下で若かったこともあり、かなり嫉妬するタイプ。束縛も強く、飲み会なんかも、“行かないで”とよく言われていました。

そんな彼女と最近、SNSで繋がり、LINEを交換して連絡を取るようになったんです。文章からの印象だけど、だいぶ落ち着いて、大人になったように感じたんですね。で、付き合ってた当時の話になるじゃないですか。

そこで彼女が、“あのころはお互い子どもだった”と送ってきたんです。え、俺も!? と思いました。“私は”じゃなくて……?

“でも楽しかった”みたいなことを言っていて、こっちはまったく共感できなかった。そういうところが、以前とまったく変わってないな……と思いましたね」カツシ(仮名)/30歳

■ 「そういうとこ好きだったな」

「元カノと俺はあまり性格が合わなかったんです。元カノはキッチリした性格で、俺はルーズ。そういった性格の違いが原因で別れました。

その元カノとは共通の知り合いが多く、情報がたまに入ってくるんですね。

最近、“今の彼氏とあまりうまくいっていない”という話が耳に入ってきていたのですが、案の定、本人からLINEがきた。

俺の弟が結婚するんだけど、元カノはそれを知っていたんですね。それで、“お兄ちゃんは焦んないの?”と聞いてきました。俺は、“まったく”と答えた。そうしたら、“相変わらずマイペースだね”と。

さらに、“そういうとこ好きだった”なんて言うんです。いやいや、マイペースなとこがダメでよくケンカしてたでしょう……。よく言うわぁ……って感じでした」タイシ(仮名)/33歳

■ 「なんでも受け入れてくれたよね」

「元カノは自由奔放な性格でした。男友だちなんかも多く、二人で飲みに行くなんてこともよくありました。

僕はそれが、結構心配で……。そういった不安や心配が積もり積もって、別れることに。

別れて一年ほどして、僕の誕生日のときでした。その元カノから、“おめでとう”とLINEがきたんです。

久しぶり的な挨拶を交わし、向こうが“彼女できた?”と聞いてきました。できていないと答えると、“優しいからすぐできそうなのに”と言うんですね。

そして、当時の自分の自由な行動について、“なんでも受け入れてくれよね”と。いやぁ……まったく受け入れてはいなかったし、よく揉めたし……。何度も話し合いはしたと思うけど……都合良く捉えてんだなと思いましたね」シゲキ(仮名)/31歳

“男が過去を美化していると思った元カノのLINE”をご紹介しました。

いい思い出にしたい……という気持ちが強いんでしょうね。それは本人にとっては幸せなことかもしれませんが、相手はまったく共感していない場合があるので、無理に同意は求めるべきではないでしょう。

© Josep Suria / shutterstock
© Antonio Guillem / shutterstock
© PR Image Factory / shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング