恋の進展は近い!男が「もしかして両想いかも」と思う瞬間4つ

ananweb / 2019年4月2日 20時45分

恋の進展は近い!男が「もしかして両想いかも」と思う瞬間4つ

好きな人ができると、相手が自分のことをどう思っているか知りたくなりますよね。何気ない言動から察しようとするでしょう。決定的な何かがあれば、次の行動にも移りやすくなります。そこで今回は、“もしかして両想いかもと思う瞬間”について男性たちに聞いてみました!
文・塚田牧夫

■ 偶然に会う機会が増える


「彼女とは友だちの開いた飲み会で知り合いました。最初から、なんとなくいいな……とは思っていました。でも、連絡先は交換していなかったんですね。

しばらくして、今度は少人数で鍋をしようということになったとき、その子も来ていました。そうやって、偶然に会う機会が増えていったんです。やっと連絡先を交換したあと、付き合うまでは早かったです」ユウ(仮名)/27歳

偶然会う……なんて、そうあるものではありません。二人が惹かれ合っているからこそ、偶然が増えていくわけですね。

■ 悩みを打ち明ける

「気になっている女性と食事に行ったとき。楽しく話していました。するとしばらくして、彼女が悩みを打ち明けてきました。ずっと仲良くしていた友だちと、最近ギクシャクしているといった内容でした。

心を開いてくれてる感じがして、嬉しかったです。親身になって聞いたし、自分なりのアドバイスもしました」サトシ(仮名)/28歳

悩みや弱みというのは、親しい人間にしか見せたくないもの。ましてや異性には伝えづらい。そういった一面を見せてくれると、好意を感じやすいですよね。

■ 「楽しみ」という言葉が増える

「友だちの紹介で会った子がいました。最初はみんなで会う機会が多く、だんだん仲良くなって二人で出掛けるようになりました。

連絡もよく取るようになったのですが、毎回“次会えるの楽しみにしてます”と言ってくれるんですね。そう言ってもらえると、こっちもテンションが上がる。約束をするたびにそう言ってくれるので、俺のこと好きなのかな……と感じるようになりました」テツヤ(仮名)/28歳

社交辞令に聞こえるような言葉も、男性としては嬉しいもの。その回数が増えてくると、本心のように思えてきます。

■ 予想外の誕生日プレゼントに

「ちょっと気になっている子がいて、一緒に食事に行ったときでした。こっちは頑張って楽しませようとしますよね。すると途中で、その子が紙袋を出してきたんです。“あげる”と言うんですね。

“もうじき誕生日でしょう?”と。何で知ってるの!? って感じでした。聞いたら、SNSで見たからだと。意識してくれてるってことでしょう? 嬉しかったですよ」ナオト(仮名)/30歳

SNSで誕生日をチェックしているなんて、気になっている相手でないとしませんよね。しかもプレゼントまで渡すとなれば、好意があるのは間違いないと捉えられて当然でしょう。

“男がもしかして両想いかもと思う瞬間”をご紹介しました。

恋愛においては、相手の気持ちを揺さぶることが大事。俺のこと好きかな……違うかな……と思わせることで、気になって仕方がなくなります。あの手この手を使って、上手に揺さぶれるといいですね。

© Jacob Lund / shutterstock
© Edvard Nalbantjan / shutterstock
© djile / shutterstock
© Ivanko80 / shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング