暑い夏に男が喜ぶ味…! ササッと作れる「簡単さっぱり麺レシピ」

ananweb / 2019年7月31日 18時0分

暑い夏に男が喜ぶ味…! ササッと作れる「簡単さっぱり麺レシピ」

連載第123回目は、夏に食べたくなる簡単ひんやり麺レシピ! 中華の定番サラダ”バンバンジー”で冷やし中華を作っちゃいます♪ 鶏ささみでさっぱり! でも、コクのあるゴマだれだから、彼氏も大満足のボリューミィなひと品です。暑い夏でも食が進むこと請け合い! ちゅるちゅるどうぞ!

■ 『バンバンジー冷やし中華』


【旬を味わう♡ 美人レシピ♪】vol.123

■ 旬食材は、キュウリ!

キュウリは1年中手に入るお野菜ですが、旬は夏の6~8月です。夏場は露地、秋から春にかけてはハウス栽培が行われています。

ちなみに露地栽培された旬の夏のキュウリは、ハウス栽培のものよりもビタミンCが多く含まれています。また、濃い緑色でハリやツヤのあるもの、表面のイボがピンととがっているものが新鮮とされています。

キュウリは暑い夏に最適なお野菜! キュウリの95%は水分で体を冷やす作用があり、夏の水分補給に効果的です。また豊富な水分とカリウムで利尿作用が期待でき、むくみケアにも効果的です! まさに夏バテなどで食欲がない時にはもってこいのお野菜ですね。

暑い夏に大活躍しそうなキュウリ。生で食べれちゃうので調理も楽ちんなのが嬉しいですね。さっぱりとしたキュウリを食べて夏バテ予防に努めましょう!

■ 材料はこちら!

【材料(二人分)】

・鶏ささみ   :4本
・酒      :大さじ1
・塩      :ふたつまみ

・中華麺    :2玉

・キュウリ   :1本
・トマト    :1個
・カイワレ大根 :1/2パック
・ゆで卵    :1個

(ゴマダレ)
・練り白ゴマ  :大さじ2
・きび砂糖   :小さじ2
・しょう油   :大さじ1
・ゴマ油    :小さじ1
・水      :大さじ1
・白すりゴマ  :大さじ1/2
・酢      :大さじ2
・ラー油    :お好みで少々
・長ネギ    :1/4本

■ まず、下準備を始めます。~その1:野菜を切ります。

キュウリは縦半分に切り斜め薄切りにします。
トマトはくし切りにします。
カイワレ大根は根もとを切り落とします。
長ネギはみじん切りにします。

■ まず、下準備を始めます。~その2:ゴマダレを作ります。

ゴマダレは、ゴマダレの材料に書いた順に、練り白ゴマ→きび砂糖→しょう油……と、都度混ぜながら、すべてを加えます。

酢とラー油も加え混ぜ、最後に長ネギのみじん切りを加えよく混ぜ合わせます。
練りゴマは分離しやすいので、都度混ぜながら、調味料を加えていきましょう!

■ では、作ります! まずは鶏ささみを茹でます。

鍋に湯を沸かし、沸騰したら酒と鶏ささみを入れます。

■ ふたをして火を消し、10分置きます。

ふたをして火を消し、10分置きます。
蒸らしながら熱を入れます。

■ 蒸らし後、粗熱を取り、手で細かく裂きます。

蒸らした後は引き上げ、粗熱を取り除き、手で細かく裂きます。
細かく裂き終えたら全体に塩を振ります。

■ 麺をゆでます。

大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かし、麺は袋の表示に従ってゆでます。

■ 茹で上がったら冷水にとり冷やします。

茹で上がったら冷水にとり冷やします。

■ 麺の水気をしっかりと切り器に盛り付け、具を乗せます。

麺の水気をしっかりと切り器に盛り付け、その上に具をバランスよく乗せます。

■ 最後にゴマダレをかけます。

最後にゴマダレを回しかけます。

■ おいしさのアレンジポイント♪

手作りゴマダレをご紹介しましたが、市販の胡麻ドレッシングにちょっぴりラー油を加えても手軽においしくいただけますよ!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング