今買いたい! コンビニ愛好家厳選「コンビニスイーツ」食べ比べ10品

ananweb / 2019年5月25日 13時0分

今買いたい! コンビニ愛好家厳選「コンビニスイーツ」食べ比べ10品

おいしくてお手頃なコンビニスイーツ。コンビニ利用率高め、自称コンビニ愛好家のライターがセブンイレブン・ファミリーマート・ローソンのスイーツを定番から新商品まで全10種を食べ比べ! 冷たいたい焼き、わらび餅×ホイップクリーム、パフェなど、今日さっそく食べてみたくなるスイーツレポートです。
文・小田原みみ

■ 3大コンビニのスイーツ厳選10品を食べ比べ!


ちょっと小腹がすいた時、頑張った自分へのプチご褒美をあげたい時、とにかく無性に甘いものが食べたい時に手が伸びるのがコンビニスイーツ。みなさんひとつやふたつ、お気に入りがあるのではないでしょうか? ちなみに私はセブンイレブンの杏仁豆腐が大好物。何かとよく買っています。

コンビニのスイーツコーナーの陳列棚をみると、決まった定番アイテムの他にいつも「新商品」が並んでいます。「杏仁豆腐を買おうと思っていたのに~! 新商品も気になるじゃん!」と乙女心を激しく揺さぶる新顔たち。実は、コンビニではほぼ毎週火曜日に新作スイーツがリリースされているのです。

実はこの「新商品」が店頭に並んでいる期間は、発売からだいたい2週間ほどと、意外と短いんです。そして、ほぼ通年置かれている定番商品も、例えばセブンイレブンの「杏仁豆腐」ではキャッチコピーが変わったり、夏はさっぱりとした甘さ、冬はしっかりめの甘さというように季節ごとに味を調整をしているそう。

そこで、ほぼ365日コンビニを利用している、自称コンビニ愛好家の小田原が人気コンビニスイーツを食べ比べしてみました!

■ その1:冷たいたいやき

たい焼きはやっぱりできたのホカホカに限る! 冷たいたい焼きだなんて邪道! と思っている方いませんか? 実は私、そう思っていました。なのでコンビニで冷たいたい焼きがあってもいつも買うには至らず。しかし、3社そろって絶賛発売中なのでこれは買わずにはいられないということで食べ比べてみました!

■ ローソン「もっちりとした白いたい焼き」¥130(税込)

白くてもちっとした皮はうすめだけど弾力あり。中のカスタードクリームは甘さは控えめで後味もさっぱり。見た目よりは軽い感じなのでちょっとお腹がすいた時にちょうどいいボリュームです。

■ セブンイレブン「しろもちたい焼き」¥138(税込)

皮はしっかりしていてお餅のようなモチモチ感がたまりません。なんとタピオカの粉が入っているそうです。中のクリームはたまごの風味がしっかりしててちょうどよい甘さ。

■ ファミリーマート「クリームたい焼きカスタード」¥140(税込)

見た目はよくあるたいやきと同じ色。甘めのもちもちっとした生地に合うようにちょうどよく計算された甘さのカスタードクリーム。ちょっと甘いものが食べたかったんだよね! という日にもってこいのスイーツ。

たい焼きはあったかいほうがイイに決まってる! と思っていましたが、冷たいのもイイ! ということに気づきました。今まで先入観から敬遠しててごめんなさい&もっと早く出会いたかったという激しい後悔です。暑くなるこれからの季節、冷たいアイスコーヒーとともにいただきたいスイーツです。

■ その2:パフェ

「大人になったら、好きな時に好きなだけパフェを食べたい」。誰もが一度は思ったことあるのではないでしょうか? そんな夢を叶えてくれるのが、コンビニスイーツのパフェ。深夜にいただくのは少し罪悪感がありますが、同時に幼い頃のかわいい夢を達成した瞬間でもあります。

■ セブンイレブン「イタリア栗の焼き栗モンブラン」¥300(税込)

注目したいのは横からのアングル。なんと上から、モンブランクリーム、ホイップ、スポンジ、マロンムースの4層にわかれています。もう、美しい! 旬ではないですが、モンブランってなぜか惹かれてしまいます。一番上のモンブランクリームは栗感であふれていて甘すぎず、上品でスイーツの王道的なおいしさ。スプーンで一気に4層食べてもよし、層ごとに食べても良し。いろいろな味わい方のある贅沢なパフェスイーツです。

■ ファミリーマート「宇治抹茶香るパフェ」¥258(税込)

新緑の季節に食べたくなるのは「抹茶」スイーツ。だけど、こちらの求める抹茶感があるものって意外と少ないと思いませんか? 「宇治抹茶香るパフェ」は抹茶の苦みが見事に表現されています。苦みがちょっと苦手な方はおススメできませんが、これまでいろいろな抹茶スイーツに対して物足りなさを感じていた方にぜひ召し上がっていただきたい抹茶感です。クランブルの層もあるので、甘さが抑えられていてぺろりといけちゃいます。

■ その3:わらび餅×ホイップクリームのコラボ

気候があたたかくなると食べたくなる和スイーツといえば「わらび餅」。シンプルにきな粉でももちろんおいしいのですが、いま注目したいのは「わらび餅×ホイップクリーム」!です。

■ ファミリーマート「ぷるもちわらび みるく」¥128(税込)

とにかく甘い生クリームが好きという方におススメの一品。練乳入りのクリームがまるで宝物のように出てきます。わらびもちの部分はその名の通りぷるぷる。クリームとわらびもちが口の中でとろけてしまうおいしさです。

■ セブンイレブン「くりぃむわらび(黒みつ入り)」¥108(税込)

こちらのわらび餅はしっかり系。想像以上に黒みつが入っていてちょっとお得な感じがします。その黒みつを甘さ控えめなホイップが包んでいて、食べた瞬間においしさで口の中が満たされます。

■ その4:お店の人おすすめ

最後はやはり現場の声を、ということでお店の方に個人的なイチ押しスイーツを聞いちゃいました!

■ ローソン「BASCHEE(バスチー)」¥215(税込)

すでに食べたことのある方も多いかもしれません。流行りのバスクチーズケーキです。こんなにハイレベルな味をこの値段で売っていいんですか~? という高級感のあるおいしさ。チーズケーキの部分はもちろんのこと、キャラメルのほろ苦さと量が絶妙すぎます。

■ セブンカフェゼリー¥226(税込)

大人気セブンカフェのコーヒ豆を使ったカフェゼリー。言わずもがな安定のおいしさです。ゼリーはコーヒーの苦みの邪魔をしない、ほのかな甘さ。また、食べやすいサイズのサイコロ切りだから、ムースと生クリームとゼリーが均一に混ざって最初から最後まで同じおいしさを味わえました。

■ ファミリーマート「スフレ・プリン」¥278(税込み)

まずネーミング。もう素直すぎ! のひと言。無理に一緒にしなくても~と思いますが、スフレのあっさり&ちょっと少しの塩っけが、甘いプリンと見事なマリアージュ。また、スフレにスプーンを入れたときの「シュワ」っという音と感覚が「あ、今ちょっとプチ贅沢している」という高揚感をもたらします。

さすが、お店の方イチ押しというだけあって計算しつくされたおいしさです。かつ、ちょっと特別感のあるものばかり。どれも今日はちょっとスイーツに奮発しちゃおという日にもってこいです。

■ お気に入りスイーツとの出会いはまさに運命!

いつも行くコンビニって、自宅やオフィス、最寄り駅の周辺など、ある程度決まっていて、わざわざ遠くのコンビニまでということは少ないと思います。

おのずとスイーツもそのコンビニのものをよく購入するようになるのですが、今回各社のスイーツを食べ比べてみて、わざわざ足を伸ばしてでも、いろいろと試す価値があると思いました。

また、商品の移り変わりが激しいので、今日はちょっとスイーツは我慢! ではなく、ビビビッときたら連れて帰ることがおススメです。今後もどんどん出てくる新商品に心ときめきながら、コンビニスイーツパトロールを続けてみようと思います!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング