略奪後に友達と浮気、そして…史上最悪な「不倫の結末」3選

ananweb / 2019年6月9日 20時30分

略奪後に友達と浮気、そして…史上最悪な「不倫の結末」3選

「不倫はいけないこと」とはわかりつつも気持ちを止めることができない女性が多くいます。そこでみんなの不倫事情をInstagram「@anan_web」のストーリーでリサーチしてみると、例え男性の離婚が成立したとしても「幸せになるわけではない」ということが発覚しました。
文・三谷真美

■ 最悪の結末を迎えた不倫とは?


■ 略奪に成功したけど友達と浮気

「職場で出会った男性と不倫関係になり、その後何か月か経ってから、彼は離婚して私と付き合うことになったんです。ですが付き合って2年ほど経った頃、
私の友達と二股していることが発覚。しかもただの二股ではなく、その友達との間にできた子どもを中絶していたことがわかりました。
二股が発覚する前、彼に『マンションを買いたいからお金を貸してくれ』と言われたので貸そうとしていたところ、まわりが二股のことを教えてくれたんです。それからは次々と彼のクズな部分があらわに……
『夜の街で女の子とイチャイチャしているところを見た』と知人から報告を受けたり、他の女の子にLINEで『大好き』と送っていることも発覚。
本気で結婚を考えていたので、本当にショックでした」

妻と別れてお付き合いが始まったものの、やはり不倫をしていた男性は一途になれないのかもしれません。お金を貸す前に、まわりの人が彼の真の姿を報告してくれたのが、せめてもの救いです。

■ 離婚、浮気、再婚された

「離婚を前提とした不倫をしていました。『1年で決着をつける』と言われ、結局2年待ちました。そこからきちんと付き合ったけれど、
待った私には『待たせたね』とか『ごめん』のひと言もなし。しまいには『離婚してくれてありがとうでしょ』と言われる始末。
でも頑張って付き合ったし好きだったから、付き合えていることだけで、それなりに幸せでした。ですが付き合って2年目の頃、だんだん会わなくなり、彼に『自分は誰も幸せにできないのかもしれない。お前は悪くない』と言われ別れることに。ティッシュ1箱が終わるくらい彼は泣いていました。でも実は、
彼は前から浮気&同棲をしていて、結婚するみたいです。
新しい彼女がいて幸せなのに、何で泣くんですかね?」

「不倫の次は浮気して、その人と再婚。彼が幸せになるのがなんだか嫌だし、今でも思い出すたびに落ち込みます」とのこと。浮気されていたことはもちろん、浮気を認めずに適当な嘘で2年間のお付き合いを終わらせた不誠実なところが許せないのでしょう。

■ 略奪婚まで10年…

「大学生の時にアルバイト先の上司と不倫をしてしいたのですが、こんな関係は良くないと思いお別れをすることに。それから2年は会うこともなかったけど、その人が離婚したのをきっかけに再度付き合うことになったんです。
お付き合い中、お互いに浮気っぽいこともありましたが、6年後、彼と結婚しました。
毎日がすごく楽しくて幸せだったのに、1年も経たないうちに様子がおかしくなり、
問い詰めたところ『好きな人がいるから離婚したい』と……私との結婚式の時点で既に彼女がいて、そちらに本気になったそうなんです。
私は彼のことが大好きなので別れたくなかったのですが、彼の意志が固かったので、結局離婚しました」

最初の不倫から約10年。「浮気されることは覚悟していたけど、それでも離れられなかったから諦めて結婚した。まさか『本気の女性ができたから別れて』と言われるとは思ってもみなかった」そうです。

■ 略奪した恋愛は幸せにならない

そもそも不倫関係から略奪することが少数なのに、その後幸せにならないケースも多い模様。やはり不倫をしていいことはなさそうです。


©Jamie Grill/Gettyimages
©nd3000/Gettyimages

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング