キープ女子と別れて…男が「付き合うまでの準備期間」にしているコト4つ

ananweb / 2019年7月9日 20時15分

キープ女子と別れて…男が「付き合うまでの準備期間」にしているコト4つ

やっと告白してお互いにOKだったとしても、そこから付き合い開始までに、やや期間が空くことがありますよね。心の準備だったり、身辺整理だったりをしているのかもしれませんが、実際はどんなことをしているのか。“付き合うまでの準備期間にしていること”について男性たちに話を聞いてみました。
文・塚田牧夫

■ 1:友だちに状況を説明


「今の彼女は、最初友だちに紹介してもらった子でした。もしかしたら友だちが狙ってるのかも……と思ってたんですね。でも、彼女が俺のほうに連絡してきたんです。

そこから仲良くなり、付き合うことになったんだけど、友だちには何も伝えてなかったんです。紹介者だし、関係を壊したくないから、経緯をちゃんと説明してから付き合いました」ショウタ(仮名)/29歳

紹介してくれた友だちに対して、ちゃんと説明する責任があると思ったんでしょう。そうでなくても、よく会う友だちには、「彼女ができるかも」くらいは伝えておきたいところかもしれません。

■ 2:キープ女子と別れる

「遊んでいる女の子は何人かいたんです。でも、急に本気で好きになりそうな子に出会ってしまって……。付き合いたいけど、その前にキープしてる女の子たちをどうにかしないと……と思いました。

“好きな子ができた”と伝えたら、だいたい理解してくれたけど、ひとりだけごねた子がいました。これからは友だちとして会おうと納得してもらうまでに、2週間ぐらいかかりました」シュウヤ(仮名)/26歳

キープ女子とのけじめを付けてから本命と付き合いたかったんでしょう。上手く距離を置けるかどうかは、男の腕の見せどころです。

■ 3:生活を改善

「本気で付き合いたいなと思う子ができたんです。そうしたら、向こうから告白して来てくれました。すぐOKしたかったけど、“ちょっとだけ待って”と言いました。

彼女には言ってなかったけど、夜の仕事に就いていて、昼夜逆転の生活をしてたんです。それを改善しないといけないと思い、昼の仕事にチェンジするための時間が欲しかった。ちゃんと会う時間を作れるようにしてから付き合いました」レイヤ(仮名)/25歳

生活スタイルの違いは、のちのち大きな溝を生む原因になります。それを、あらかじめ排除しておきたかったんでしょう。

■ 4:SNSの整理

「すごく純粋な女の子と知り合い、好きになりました。付き合いたいと思うようになり、それとなく気持ちを伝えると、向こうも悪い感じじゃなかった。正式に告白する前に、過去のものを整理しようと思いました。

SNSにアップした写真とかですね。昔の茶髪でロン毛の時代のものとか、ガラが悪い感じがするので、全部削除しました。すべて終わってから、告白しました」テルキ(仮名)/29歳

SNSには、悪い印象を与えてしまうものが残っている場合もあります。付き合う相手によっては、整理するべきものもあるかもしれません。

“男が付き合うまでの準備期間にしていること”をご紹介しました。

いろいろ事情がある場合もあります。期間が空いて不安になることもあるかもしれませんが、急かさず待ってあげてください。

© Pressmaster /shutterstock
© Jelena Danilovic /shutterstock
© Sam Wordley /shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング