自称サバサバ?…男が引いた「勘違い女子」の言動3つ

ananweb / 2019年7月15日 20時45分

自称サバサバ?…男が引いた「勘違い女子」の言動3つ

なにかと人にアドバイスをしたがったり、上から目線で自分の生き方や性格を自慢したがる人がいます。でも、自分の身の程を知らない"あなたに言われても……"という人には、何も言われたくありません。今回はそんな、“自分を理解してない女子”について、なかでも男性が特に引いたという言動をご紹介します。
文・塚田牧夫

■ 1:「いい男いない」と自分を棚に上げて


「友だちに、婚活をしている女の子がいます。パーティーなどにも参加しているようです。ただ、聞くと“いい男がいない”と言うんです。

でも、その子はガサツだし、人の悪口なんかもよく言う。とても、いい人だとは言えない。もしいい男が現れても、寄ってくるはずがないと思います」ヤヒコ(仮名)/31歳

自分を棚に上げるのではなく、まずは自分を見直して努力をしなければいけないようですね。

■ 2:「私サバサバしてるから」と得意げに

「知り合いにひとり、“私サバサバしてるから”と、得意げに話す女性がいます。でも、以前何人かでお酒を飲みに行ったとき……。

店員さんに新人さんがいて、すごく要領が悪かったんです。それに対して、ずっと文句を言ってました。ネチネチ、ネチネチ……。”どこがサバサバしてんだよ!”と思いました」レンジ(仮名)/28歳

自己評価と周りから見た評価が一致しない人というのはいます。自分を客観的に見つめ直す必要がありそうですね。

■ 3:「女子ウケするよ」に説得力がない

「仕事仲間なんですが、カメラマンの女の子が、僕の服装をダメ出ししてくるんです。色が悪い、似合わない……と言い、“こうするともっと女子ウケするよ”と言う。

でも、その子自体、あんまりオシャレじゃないんです。いつもTシャツに黒いパンツ。仕事しやすい服装だからなんだろうけど……。でも、そういう人に言われても、信憑性がない」サトシ(仮名)/33歳

オシャレに関しては、やはりオシャレな人にアドバイスをもらいたい。人にオシャレの指導をするなら、まず自分が日頃からオシャレにしていなければ、誰も信じてくれないでしょう。

“ちょっと勘違いしている女子の言動”をご紹介しました。

自分を客観的に見ることができないまま、思い込みで行動したり発言したりしていては、男性に限らず誰も相手にしてくれません。自分を取り巻く環境や、置かれている立場などをしっかり把握して、言動に気をつけましょう。

© Estrada Anton /shutterstock
© Estrada Anton /shutterstock
© stockfour /shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング