望月歩、菅田将暉の「ちょっと静かにしようか」に大感激した理由

ananweb / 2019年7月19日 19時0分

望月歩、菅田将暉の「ちょっと静かにしようか」に大感激した理由

今回、ご紹介する作品は、映画『五億円のじんせい』。かつて五億円の募金による心臓手術で命を救われた17歳の少年・高月望来(たかつき みらい)が自分らしい生き方を模索し、成長していく物語です。本作で高月望来を演じ、映画初主演を果たした望月歩さんにお話をうかがいました。
写真・角戸菜摘 文・田嶋真理

【イケメンで観るドラマ&映画】vol. 43

■ 「望来の成長を通じて、前向きな気持ちを与えたい」


動画サービスGYAOと芸能事務所アミューズがタッグを組み、オーディションで選んだスターの原石を起用して、オリジナル映画を作るプロジェクト『NEW CINEMA PROJECT』。『五億円のじんせい』は、その第1回グランプリに輝いた作品です。

主人公は、幼い頃に募金の五億円によって心臓手術に成功し、命を救われた少年・高月望来。健康に成長し、17歳を迎えた望来は、五億円にふさわしい生き方を求められることに嫌気がさし、五億円を稼いで死のうと決意します。時給1000円のアルバイトをした場合、1日8時間365日働いても五億円が貯まるまでに171年もかかると気づいた望来は、闇バイトの世界へと足を踏み入れます。望来は、周囲の優しさに助けられながら少しづつ大人へと成長し、生きる価値を見出していきます。

高月望来を演じたのは、映画『ソロモンの偽証』2部作やテレビドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』で注目を浴びた望月歩さん。ヒロイン役は初の1人2役に挑んだ山田杏奈さん。望来の幼なじみ役には『NEW CINEMA PROJECT』の俳優部門でグランプリを受賞し、本作で俳優デビューを飾った兵頭功海さんが抜擢されています。

ーー『五億円のじんせい』は、募金で命を救われた少年のその後を描くという斬新な物語です。脚本を初めて読んだときの第一印象はいかがでしたか?

望月さん 登場人物が多いなと思いました。それと同時に、この役はどの方が演じるんだろうとワクワクしました。

ーー撮影に入ったときに感じたことは?

望月さん 脚本で読んだキャラクターたちが命を得たんだ! と思いました。

ーー望来に共感したところを教えてください。

望月さん 僕は俳優というお仕事をさせていただいているので、望来が周囲の期待に答えようとする気持ちや抱えるプレッシャーに関して、すごく共感できました。望来を演じるうえで自分の経験が役に立ったと思っています。

ーー望来が行う闇バイトの中で、添い寝屋さんのシーンが特に印象的でした。大人の女性から脱がされるシーンを演じる際に照れはありませんでしたか?

望月さん 照れはありませんでしたが、ほかのシーンと違ってスタッフさんたちがニヤニヤしていて。そこは少しだけやりづらかったです(笑)

ーー脱がされたときに、望来が胸の手術跡をさっと隠すシーンもありました。あの手術跡は脱ぐ撮影がない日にも描いてもらっていたそうですね。

望月さん 手術跡を描いて撮影したとき、胸に1本の集中を感じて。この、手術跡を無意識に気遣う感覚は望来にとって大事だなと思い、毎朝、撮影に入る前に描いてもらっていました。

ーー望月さんは『五億円のじんせい』のほかにもオーディションで大役を勝ち取ってきています。役を勝ち取るために意識していることは?

望月さん オーディション前にいただける情報が紙1枚だったとしても、撮影現場と同じ準備をしていきます。『五億円のじんせい』では脚本をいただけたので、オーディションの前にしっかりと読みこんでいきました。

ーーそれはすごい! オーディションの段階から、すぐに撮影に入れるほどの入念な準備をされるんですね。『五億円のじんせい』では“パッと見て良い子と思えることが重要”であることが決め手となって望来役に選ばれたそうですね。起用の理由を聞いてどう思いましたか?

望月さん 嬉しい言葉ですが、僕のお芝居が最初の理由に上がらなかったことを悔しく思いました。

ーーもちろん、お芝居の素晴らしさも込みの起用だと思いますが、役者魂を感じるコメントですね! 今年、高校を卒業し、社会人として役者人生を歩み出した望月さんが演じてみたい役は?

望月さん 『3年A組―今から皆さんは、人質です―』で、菅田将暉さんが演じた柊一颯(ひいらぎ いぶき)のような、ミステリアスな先生を演じてみたいです。

ーー菅田将暉さんと共演して、刺激を受けたことは?

望月さん お芝居への取り組み方に刺激を受けました。僕は撮影現場で雑談することが苦手なんです。『3年A組―今から皆さんは、人質です―』で劇中に使用する記念写真を撮るとき、ついざわざわと雑談しているキャストたちに対して菅田将暉さんが「ちょっと静かにしようか」とおっしゃっていて。つまりここは控室ではなくセットの中で、劇中写真は役として写真にうつるんだ、という意味でおっしゃったんだと思うんですが、僕も同じことを考えていたので、「菅田将暉さんが僕と同じことを思っていた!」と、すごく嬉しかったことを覚えています。菅田将暉さんへの憧れの気持ちがいっそう強くなった瞬間でした。

ーー望月さんが憧れの気持ちを抱いていると知ったら、菅田将暉さんはきっと喜ぶと思います。最後に、『五億円のじんせい』の見どころを教えてください。

望月さん タイトルだけ見ると重い作品に思えるかもしれませんが、とても娯楽性の高い作品です。望来の成長を通じて、観る方に少しでも前向きな気持ちを与えることができたら、嬉しいです。

■ インタビューのこぼれ話

劇中、望来が闇バイトの上司に「優しくされて生き残るタイプ」と言われるシーンがありますが、望月さんもまさにそのタイプだったそう。学生時代のランチタイムになると、友達に「これ、食べる?」「あげるよ」と言われ、自然にお友達のお弁当のおかずが集まってくるような状況だったとか。“放っておけない感”を醸し出す望月さん。キュートなルックスですが、実は179.5cmの長身。今後は、イケメン先生役にも期待が高まります!

■ Information

『五億円のじんせい』
7月20日(土)よりユーロスペースほかにて全国順次公開
出演:望月歩 山田杏奈ほか
配給:NEW CINEMA PROJECT

©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング