おうし座は肉食系女子が嫌い!… 12星座別「男が嫌がる女性の特徴」

ananweb / 2019年8月31日 20時15分

おうし座は肉食系女子が嫌い!… 12星座別「男が嫌がる女性の特徴」

あなたが気になっている彼、実はあなたと距離を置こうと考えているかもしれません。でも、あなたのことを苦手に思いながら、当たり障りなく接してくれる人も多いので、苦手判定されているのに気づかない場合も……。そこで今回は、占い師の沙木貴咲さんに、彼が嫌がる女性の特徴を、12星座別に教えていただきました!ちょっと怖いかもしれませんが、勇気を振り絞って覗いてみましょう!
文・沙木貴咲

■ 12星座別 「彼が嫌がる女性」の特徴


■ おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座の男性は、流されやすく優柔不断な女性が苦手。一緒に食事に行って「何食べたい?」と聞いたとき、いつまでも悩んでいたり、「なんでもいいよ」と言ったりする彼女にはモヤモヤしてしまうでしょう。

また、「いつも彼と一緒じゃなきゃイヤ」と彼に依存するタイプも敬遠してしまうでしょう。

彼氏に同調しようとする女性よりは、自己主張がハッキリした、独立した女性に魅力を感じるようです。

■ おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座の男性の恋はスロースタート。一人の人間として信頼できないと、そもそも恋愛対象として見ることはないでしょう。すぐに告白し、「今ここで返事をちょうだい!」と迫るようなスピーディーな女性には面食らってしまうはず。

また、おうし座の男性はのんびり屋が多いですが、好きなものにはとことんこだわり情熱を注ぐタイプ。流行を追いかける女性には、あまり興味が持てないでしょう。

■ ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたご座の男性は、彼女とはいえプライベートな部分にズカズカ踏み込んでくる女性が苦手。恋人がいても一人の時間は絶対に必要だと考えるので、「ずっと彼と一緒にいたい」というベッタリタイプとは付き合えないでしょう。

また、おしゃべりが聞き役ばかりの女性は友だち止まりで終わりそう。彼女にするならお互いに刺激を与え合える人を求めるので、自分から話題を投げてこない女性は、ふたご座男性にとって退屈かもしれません。

■ かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座は恋愛と結婚を直結させて考えるタイプ。夫婦として生活する姿が想像できない女性は、まず恋愛の対象ではないでしょう。食事に無頓着な人や、家事ができない人には興味を示さないはず。

また、ふたりの関係がギクシャクしたときに、腰を据えて話し合いができない人もNGです。かに座の男性は、彼女と腹を割って話し合い、深い関係を築きたいと考えるので、気まずい場面を適当にやり過ごそうとする女性は、敬遠されそうです。

■ しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座の男性が苦手なのは、あまり多くを語らない女性。「好き」という言葉を伝えられない人は、何を考えているかわからないとバッサリ斬り捨ててしまいます。

また、しし座の男性はファッションやメイクを手抜きしない女性がタイプ。ノーメイクでいつもTシャツにジーンズ……という女性は、恋愛対象外になるかもしれません。彼は、12星座の中でも特に外見に重きを置くタイプだといえます。

■ おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

向学心が旺盛なおとめ座男性は、言動に気を遣わない女性が苦手。たとえそれが演技だとしても恋愛対象にはなりにくいでしょう。

また、一瞬でも不潔な印象を抱けば、「付き合えない」と思ってしまいます。服装や髪の毛といった見た目だけでなく、男性経験が派手な女性も、彼の感じ方次第ではアウト判定されてしまうかもしれません。



■ てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

てんびん座の男性は、色々な意味でだらしない女性が苦手。ファッションやメイクはもちろん、仕事に対してポリシーがなく、腰掛けで働くようなタイプは本命彼女に見ないでしょう。

また、彼は人の欠点をよく見ています。それゆえに「できないんだから仕方ない」と、自分の欠点を放置して開き直るような女性は、恋愛対象になりにくいはず。

逆に、その人が欠点を克服しようと努力していると分かると、一気に急接近することも。

■ さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

さそり座の男性は、好みのタイプがハッキリしているでしょう。自己主張が強い女性は苦手なので、ライバルにはなっても、恋愛対象にはならないはず。

またさそり座は、女性のファッションやしぐさなど、いわゆるモテテクには動じず、つねに相手の本質を見抜こうとします。

彼女の素の部分がむき出しになったとき、少しでも損得勘定が見えたり、ウソや見栄があったりすると、自分から距離を取ってしまうでしょう。

■ いて座(11月22日~12月21日生まれ)

いて座の男性は駆け引きが苦手。駆け引きに費やす時間が無駄だと感じますし、待たされるのも苦手なので、自分から好意を寄せていた女性ですら、恋愛対象から外してしまうこともあるでしょう。

また、いて座男性にとって「彼と離れていたくない」と言う彼女は完全にアウト。束縛や過干渉を嫌うので、彼氏第一主義の女性はどうしても重く感じるようです。

■ やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座の男性にとって、本命彼女はそう多くいるものではありません。相手の人間性や行動パターン、仕事観などをよく吟味して、「この人だったら大丈夫」と確信できる人としか付き合わないでしょう。

ひとり暮らしができない女性や、金遣いが荒い女性、仕事に対してポリシーのない女性は、彼女として見られないはず。社会的にも精神的にも自立している女性を好むようです。

■ みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

みずがめ座の男性にとって、恋愛はつねに優先順位が高いものとは限りません。仕事が忙しくなれば、彼女にLINEする回数も減るし、デートをドタキャンすることもあるでしょう。

そのため、恋愛至上主義の女性とは価値観が合わず、関係も進まないはず。彼氏に同調したいタイプの女性も、みずがめ座男性からすると「自分がない人」と思われてしまいそうです。

■ うお座(2月19日~3月20日生まれ)

うお座の男性は、恋愛に淡白な女性が苦手。スキンシップや甘いセリフを恥ずかしがる女性とは「付き合えない」と思うでしょう。

彼は基本的にロマンチストなので、ふたりきりのラブラブな世界に浸るのを心地良く感じます。

おうちデートが退屈、友達感覚で付き合いたいというスタンスの女性とは、なかなか馬が合わないかもしれません。

©vitranc/gettyimages
©Image Source/gettyimages

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング