ふたご座の彼はボディタッチ♡ 12星座別「彼の脈アリサイン」

ananweb / 2019年10月16日 21時15分

ふたご座の彼はボディタッチ♡ 12星座別「彼の脈アリサイン」

男性の女性へのアプローチは様々。ストレートに食事にお誘いする人もいれば、奥手な性格のため、ちょっと分かりづらいアプローチをする人もいて、見極めが難しいことも。そこで今回は、12星座別に“彼が送る脈アリサイン”をまとめました。気になる彼がどんなサインを送ってくるのか、チェックしましょう!
文・沙木貴咲

■ 12星座別『彼が見せる脈アリサイン』


■ おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座の男性は、思ったことが表情や行動に出やすいタイプ。ポーカーフェイスが苦手なので、脈がある場合はすぐにわかるでしょう。

「こんなに露骨なことをするのはおかしい」と裏を読むと、かえってふりまわされてしまいます。

彼がじっと見つめてきたり、逆に視線が合うとすぐ目をそらしたり、あるいはふたりで話すのを無邪気に喜んだりするのは脈アリのサイン。間違いないでしょう。

■ おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座の男性で間違いなく言えるのは、出会って間もない相手に脈アリサインは見せないということ。

恋心が芽生えるまで時間がかかるタイプなので、一目惚れはまずありません。友人や仕事仲間として付き合う中で自然と好きになるパターンが多いでしょう。

そんなおうし座の脈アリサインは、ちょっとしたお菓子を差し入れてくれたり、「その服、似合っているね」とファッションを褒めたりすること。比較的わかりやすいですね。

ひねったアプローチをするほど器用ではないので、好意的な態度はそのまま受け止めて正解です。

■ ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたご座が見せる脈アリサインは、ノリが良く軽やか。「かわいい」「一緒にごはんに行こう」「彼氏いるの?」「俺の好み」など思わせぶりな言葉をポンポン言い、さりげなくボディタッチしたりするでしょう。

ただ、気があることは明白だとしても、それが本気なのか判断するのは難しいはず。

ふたご座の男性は、相手に興味を持った時点でラブコールをを出すので、本人もどこまで本気になれるか未知数のようです。

真剣交際を望んでいるのかどうかは、ある程度まで関係が深まらないとお互いに判断できないかもしれません。

■ かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座の男性は優しくて面倒見が良いタイプ。本気の脈アリなのか、フェミニストとして女性に親切にしているのか、見極めることは難しいでしょう。

単に優しいだけでなく、彼があなたを自分の友だちに紹介したり、家族の写真を見せてきたりすると本気度が高いはず。

あるいは、真剣にアドバイスしてくれるのも、本命視した上での脈アリサインといえるでしょう。

■ しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座の男性は恋の駆け引きを「面倒くさい」と思うタイプ。好きと思ったらストレートに告白してくるでしょう。しかも第一印象で好きかどうかを判断することが多く、脈アリサインはかなり早い段階に示されるはず。

しし座の男性が武勇伝を語ったり、肉体自慢をしたりと男っぽい部分をアピールするのは、好きな女性に「スゴイ!」と思ってもらいたいから。また、ふたりきりの食事に誘ってごちそうするのも、わかりやすい脈アリサインだといえます。

■ おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

おとめ座の男性は、好きな人のことを徹底的に調べ上げます。好きなものや趣味、仕事、親しくする友人などを調査してから、偶然を装って「ボクもそれ好きなんだ」「あの人とはボクも友だちで……」と距離を詰めていくでしょう。

偶然の一致が多く、あなたが知りたいことに詳しいと思ったときは、脈アリサインと見ていいでしょう。

また、女性にマウンティングするかのように「ボクの方がよく知っているよ」とアピールしてくるのも脈アリサインのひとつ。知識と情報をたくさん持っているということが、おとめ座の男性にとってはステータスなんです。



■ てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

てんびん座の男性は生まれながらのロマンチスト。気取るつもりはなくても、女性をドキッとさせる言動をさりげなく見せてきます。また、好きな女性を口説くと決めたら、わかりやすく本気度の高いアプローチをしてくるでしょう。

ただ、彼はとにかく相手を観察します。視線が合ってもしばらく目を合わせてくるので、戸惑ってしまいます。

「どうしてあんなに私を見るんだろう?」と思うくらいの目線が、てんびん座の最初の脈アリサインでしょう。

■ さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

さそり座の男性は自分の気持ちがバレるのを嫌うタイプ。慎重で感情をあまり表さないので、とても好かれていたとしても、「何を考えているかわからない」と見えるはずです。

そのため、さそり座の男性の脈アリサインを探るのはとても難しいでしょう。

しかし、視線が合うと気まずそうに目をそらす、ふたりきりになるとよく話す、財布や文具などをこっそりお揃いにしているなど、よく観察すれば好意を見抜けそうなポイントがありそうです。

■ いて座(11月22日~12月21日生まれ)

いて座の男性の脈アリサインはとてもわかりやすいでしょう。一対一で話したがる、一緒にいて笑顔が多い、話しかける回数が多いなど、誰の目にも彼が好意を持っているとわかるはず。

彼は、気になる相手と「まずふたりで話したい」と考えます。ワンナイトの相手ならじっくり語り合うこともしないでしょうが、真剣交際を期待するなら、相手の中身を知らないまま仲良くなろうとはしません。

ふたりきりでの食事に誘われたら脈アリと見て間違いなさそうです。

■ やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座の男性は恋に不器用で、遠回しに好意を伝えるようなことはできないでしょう。しかも奥手で真面目なので、恋愛感情が表情や態度に出ることも珍しいはず。

彼は「仕事で話したいことがある」「相談したいので時間を作ってほしい」など、堅めに誘ってくることが多いかもしれません。

一対一になってもガツガツと口説くようなことはないのですが、やぎ座の男性が自分から女性とふたりになるシチュエーションを作る時点で、脈アリと見ていいでしょう。

■ みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

みずがめ座の男性は、好きな女性だからといって恥ずかしがったり、遠慮したりすることがありません。誰にでも堂々と振る舞うので、脈アリサインの見極めは難しいはず。

ただ、彼をよく観察すると、好きな人にとる態度は明らかに違っているようです。

他の人に比べて笑顔が多い、具体的なツッコミや質問が多い、話す時の距離が近いといった違いがあれば、脈アリと見ていいでしょう。

■ うお座(2月19日~3月20日生まれ)

うお座の男性は元々柔和で思いやりが深いので、彼があなたに優しいからといって、好意を持っていると判断するのは時期尚早でしょう。

特に用事がないときでも特定の人のそばにいたがったり、積極的に話しかけたりする脈アリサインがありますが、これも他の人との比較で判断する必要があります。

しかも、うお座の男性は押しに弱く、強引にアプローチされると、本命でなくても受け入れてしまうことがあるので、見極めは慎重にした方が良さそうです。

二度三度とほかの人には見せない仕草をあなたに見せたときは、好かれていると確信していいかもしれません。

©Oliver Rossi/gettyimages
©/gettyimages

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング