安達祐実が10年ぶりに連続ドラマ主演! 役はなんと…“安達祐実”!?

ananweb / 2020年4月9日 20時30分

安達祐実が10年ぶりに連続ドラマ主演! 役はなんと…“安達祐実”!?

今年でデビュー36周年を迎える女優の安達祐実さんがこのたび、約10年ぶりに地上波連続ドラマで主演を務めることに。それも、なんと“本人役”で! 気になるドラマのタイトルは『捨ててよ、安達さん。』。
「最初に企画を知った時は、私を本人役にしてドラマを作るという発想がすごく面白いなと思って、単純にうれしかったですね。『奇特な人もいるもんだな』と思いました(笑)」

■ “本人役”は、思っていた以上に難しかったです。


ストーリーは、主人公の安達さんが女性誌の連載企画の依頼を受けたことをきっかけに、さまざまな“捨てられないモノ”を捨てていくというもの。これまで数々の役柄を演じてきた安達さんも、さすがに本人を演じるのは初めての経験だったそうで、意外な苦労もあったとか。

「自分自身の役は、他のどのキャラクターを演じるよりも難しかったですね。たとえば他の役を演じる時は、その人がどんな性格だろうと関係ないし、自分とは切り離して考えられるのですが、本人役となるとそうはいきません。物事の受け止め方だったり、感情の湧き上がり方ひとつをとっても、『本当はこうじゃないんだけどな』と思う部分がどうしても出てきてしまう。だからこそ、あまり自分を追求しすぎないほうがいいと思って、フィクションの役柄を演じる時と同じ感覚を持つようにしていました」

そんな葛藤があったなんて信じられないくらい、ドラマでの安達さんは自然体だ。聞くと、実際に自分自身に起こったエピソードや、普段の生活ぶりなども反映されているそう。

「第1話で寝る前にストレッチをするシーンが描かれているのですが、あれは普段からやっていることです。それに、ゆるい部屋着の感じとか、ソファの上でよく寝てしまうのも似ています。ただ、話し方は普段のほうがもっとトーンが高いかもしれません(笑)。いつもの自分のままで演技に入ると、逆に滑舌が良すぎてしまうみたいなので、あえてボソボソ平坦にしゃべるようにしていました。どれがリアルで、どれがフィクションなのかを、なんとなく想像しながら見てもらえたらと思います」

毎回登場するゲストには、臼田あさ美さんや北村匠海さん、YOUさん、片桐はいりさんなど、豪華で個性的な顔ぶれが集結。なんと全員、安達さんが捨てられない“モノ”を演じるというシュールな設定だ。

「みなさん、あの手この手で芝居を繰り出してくる印象だったので、毎回撮影が楽しかったです。よく共演している戸塚(純貴)君に関しても、『そう来たか!』という感じでしたし(笑)。個人的には、片桐はいりさんと初めて共演させていただいたのもうれしかったですね。もちろんお芝居も素敵ですし、現場での佇まいも穏やかで、『パワースポットみたいな方だな』と思いました」

ドラマの中で描かれる安達さんは、“モノを捨てる”という行為を通して自分自身と向き合っていく。ちなみに、現実の安達さんはモノを捨てるのが得意なタイプ?

「どちらかといえば得意ですね。わりと人生の変動が激しいタイプなので、引っ越しのたびにバサバサと断捨離してきました。たとえば服とか靴も、ひとつ買い足すなら必ずひとつは処分するって決めて、置く場所を確保するようにしています。ただ、主人は私とは反対にモノをまわりに置いておきたいタイプの人。変な形の置物とか、気づいたら家の備品が増えていることも多いです。でもお互いの趣味はわりと一致しているので、『かわいいよね、わかるわかる。じゃあ置こうか』みたいに私も許しちゃうんですけど(笑)」

あだち・ゆみ 1981年9月14日生まれ。東京都出身。2歳の時に芸能活動をスタート。写真集『我我』(青幻舎)が発売中。出演映画『#ハンド全力』が5月22日公開予定。

ドラマ25『捨ててよ、安達さん。』 「毎号ひとつ私物を捨てる」という雑誌の連載を持ちかけられた安達さんは、夢の中に現れた謎の少女と擬人化したモノたちに、ぜひ自分を捨ててほしいと懇願される。4月17日より毎週金曜24時52分~テレビ東京系で放送。©「捨ててよ、安達さん。」製作委員会

※『anan』2020年4月15日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・船橋翔大 ヘア&メイク・高橋 亮 インタビュー、文・瀬尾麻美

(by anan編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング