メインには宮崎牛の山椒煮…『銀座風月堂』で「折詰弁当」が初登場

ananweb / 2020年7月13日 18時0分

メインには宮崎牛の山椒煮…『銀座風月堂』で「折詰弁当」が初登場

ギフトコンシェルジュの真野知子さんがおすすめするギフトをご紹介。今回は『銀座風月堂(ぎんざふうげつどう)』の折詰弁当です。


季節のお菓子も魅力的で手土産も重宝している『銀座風月堂』。店内はカウンター割烹に和喫茶が併設され、丁寧な仕事と美しい盛り付けの繊細な料理に定評がある。ランチも人気の割烹では常連のリクエストを受けてテイクアウトのお弁当が3種、初登場した。いちだんと豪華なのがこの「折詰弁当」。

秋田杉の折箱には笹の葉が丁寧に敷き詰められ、季節を感じさせる旬の具材がぎっしり。まずは迷わず主役級の存在感を放つ稚鮎の素揚げに箸をのばした。清流を思わせる姿に山椒塩のほのかな風味も品がよい。すだちの窯にはおひたしが入って爽やかな柑橘風味もほんのりと。さらに水茄子の南蛮煮、こんにゃくと淡竹土佐煮、枝豆、酢取りみょうが、だし巻風の玉子焼き…さて、どこでご飯に箸を移そう? 扇型をしたご飯は風月堂のロゴマーク! ちりめん山椒に木の芽をのせて、ここにもこまやかな心づくしの演出がある。箸休めには山もものみつ煮。そしてメインには宮崎牛の山椒煮を。爽やかな実山椒がピリ辛のアクセント。肉の旨味を引き立てる。デザート代わりに甘酸っぱい杏を頬ばれば味の饗宴も佳境。食べ終わる前から「ブラボー!」そんな歓声が脳内にわきおこった。周りを気にせず思いのままに箸を進める。そんな口福がここにある。

季節の魚介や野菜をふんだんに取り入れた、お昼のコースメニューの雰囲気を楽しめる折詰弁当¥3,800。2日前までに要予約。テイクアウトでは他に、ランチの人気メニュー、せいろ御飯等の食材を用いたちらし2種が。

銀座風月堂 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル2F TEL:03・3571・2900 【割烹】11:30~14:30(14:00LO)、17:30~22:30(21:00LO) 土・日・祝日休 【喫茶】11:30~18:30(18:00LO)、日・祝日11:30~17:30(17:00LO) 無休

※「風月堂」の「風」は、正しくは「かぜかんむり」に「百」。

まの・ともこ ギフトコンシェルジュ。手土産など日常的なギフトからハレの日まで多彩なシーンに合わせたギフトをセレクト。

※『anan』2020年7月15日号より。写真・清水奈緒 スタイリスト・中根美和子 文・真野知子

(by anan編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング