【男の星座別】「彼が好む女性のタイプ」はこんな人!

ananweb / 2020年9月2日 20時45分

【男の星座別】「彼が好む女性のタイプ」はこんな人!

おしゃれでかわいければ誰からも愛されるというわけではなく、彼の性格によって好みのタイプは全然違ってきます。どんな女性に興味を持ちやすいかを知れば、彼へのアプローチも変わってくるはずです。今回は、占い師の沙木貴咲さんに、12星座別に「彼が好む女性のタイプ」をご紹介いただきました。
文・沙木貴咲

■ 【12星座別】彼が好む女性のタイプ


■ おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座の男性は、いろんな意味でわかりやすい女性が好み。表情豊かでよくしゃべり、活発なタイプに惹かれやすいでしょう。

時間をかけて内面を理解するというより、フィーリングを重視して出会った瞬間に「好き」と思うことが少なくありません。

また、おひつじ座は典型的なハンタータイプなので、恋人同士として関係が落ち着くとマンネリになりがちに。いつまでも刺激を与えてくれる彼女が長続きするようです。

■ おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座は奥手ですが、根が男らしく独占欲も強め。「この人が好きだ」と思えば絶対自分のものにしたいし、ほかの男性には触れさせたくないと考えます。

また、そんなおうし座男性が注目しやすいのは従順で素直な女性。サバサバ系やしっかり者であっても、いざとなれば男性を立てるやまとなでしこタイプが好きです。

■ ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたご座の男性はテンポ良く会話のキャッチボールができる女性が好きです。

美しい女性と知的な女性がいれば後者を選びますし、色気仕掛けのアプローチもクールにスルーしてしまいます。内面重視で、友だちの延長上で付き合える女性を求めるでしょう。

また、ふたご座は行動的なので、お出かけデートを好む女性とウマが合います。アクティブなタイプと一緒にいると楽しく感じられそうです。

■ かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座は恋愛と結婚を直結させて考えるので、一緒にいて安心できる女性が好きです。駆け引きがなく、つねに本音で向き合ってくれる正直者には居心地の良さを感じるはず。

実際に結婚するかどうかはさておき、「この人とは一緒に生活できそう」と思えることがポイントになるでしょう。

また、かに座の男性は、「俺はこういうのが好きじゃない」と言ったことをちゃんと覚えていてくれる女性が好きです。自分に興味を持ってくれる人には、同じ気持ちで応えたいと思うのでしょう。

■ しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座の男性は美女に弱く、面食いの傾向があります。ただ、どんなに美人でもモジモジして意思表示がハッキリしないタイプは苦手。コミュニケーションが取りやすく、ストレートなアプローチをする女性を彼女に選びます。

また、しし座の男性には尽くされたい願望があるので、マメで気が利く女性も好み。亭主関白なところがありますが、それを「男らしい」と喜んでくれる女性が合うでしょう。

■ おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

おとめ座の男性は感謝の気持ちを忘れない女性が好きです。小さな親切にも、「ありがとう」「助かった」とひとこと言ってくれる律儀な人が好み。

また、会話中にきちんとリアクションを取ってくれる女性も恋愛対象になりやすいでしょう。

おとめ座は繊細で気を遣うタイプなので、同じ感覚で物事を見られる人が居心地良く感じるのです。いったん仲良くなれば、何でも話し合える彼女として大切にしてくれるはず。

■ てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

てんびん座の男性は、外見も立ち居振る舞いも「ちゃんとしている人」が好きです。手抜きメイクや乱暴な言葉遣いをする女性には距離を置いてしまうし、周囲に流されがちなタイプも苦手。ちゃんとしていて独自の美学を持っている人に心惹かれるでしょう。

そして、美人に弱いのもてんびん座の特徴。モデルのような美女というより、個性的な美しさや独特の雰囲気を持つ女性にドキドキさせられるようです。

■ さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

さそり座の男性は一生懸命な女性が好きです。好きなことを仕事にして努力しているとか、ストイックに夢を追いかけるような人に惹かれやすいでしょう。
みんなから好かれる人気者より、目立たなくても一目を置かれるタイプに目が向くようです。

また、さそり座は考えすぎるところがあるのですが、自分とは真逆のわかりやすい女性には無意識のうちに憧れてしまいます。話し好きで愛嬌のある人の前では笑顔が増えるはずです。

■ いて座(11月22日~12月21日生まれ)

いて座の男性はインパクトのある女性が好きです。底抜けに明るいとか、何かに強いこだわりを持つ、ほかの女性があまり目を向けない分野に興味があるなど、特徴的なタイプには自然と目が向くでしょう。

ただ、いて座には特定の好みがなく、好きになった人がタイプなのかもしれません。束縛をしがちな人と無口な人は苦手ですが、それ以外はフィーリング次第。自分の好みを決めつけず、いろいろな女性に興味を抱くようです。

■ やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座男性の恋は「すごいな」と一目置くことから始まります。容姿よりも内面を重視するので、友人や仕事仲間として接するうちに好きになるパターンが多いでしょう。

好みのタイプは、責任感があって精神的に自立していながらも、強がったところがなく女性らしい人。そんな人には恋心を抱くだけでなく「結婚したい」とまで思うはずです。

■ みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

みずがめ座の男性は、サバサバしたさわやかな女性が好きです。女であることを理由に甘えるタイプより、男性と肩を並べて切磋琢磨し合うタイプに興味を持つでしょう。

実力主義でキャリア志向の強い人が恋人に求められるかもしれません。

また、ファッションやヘアスタイルにこだわりがあり、明確なアイデンティティを持つ女性も好み。単に流行を追いかけるのではなく、「私はコレが好き」という主張がハッキリしている人には無意識のうちに目が向くはずです。

■ うお座(2月19日~3月20日生まれ)

うお座の男性は、世話好きで大らかな女性が好きです。寂しがり屋の甘えたがりなので、実年齢に関係なく、お姉さんっぽいタイプにはつい目が向くはず。積極的で自分からアプローチできるとか、率先してリードを取るような女性が付き合いやすく感じます。

とはいえ、ガサツなだけの肉食女子は苦手で、人の気持ちに寄り添える優しい人が理想でしょう。うお座男性は繊細なだけに情緒豊かなタイプが好きなのです。

©Dimitri Otis/gettyimages
©Tara Moore/gettyimages

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング