藤原さくら、最新アルバムは「やりたいことを全開放しながら作った」

ananweb / 2020年10月29日 19時40分

藤原さくら、最新アルバムは「やりたいことを全開放しながら作った」

今年でデビュー5年目を迎えた、藤原さくらさん。ドラマや舞台にも挑戦して活動の幅を広げているが、その中心にある音楽への情熱は、とどまるところを知らない。最新作『SUPERMARKET』は、ファンクやヒップホップや民族音楽なども実験的に取り入れた、カラフルなポップ・アルバムに仕上がった。

「今回は最近好きなヒップホップや打ち込みなど、いろんな要素を詰め込んで、今の私がやりたいことを全開放しながら作ったアルバムです」

「久しぶりの音楽制作が楽しくて仕方なかった」と笑顔。ファンキーでチャーミングな「Super good」から、温もりに満ちた弾き語りソング「楽園」まで全13曲を収録。爽やかな朝の始まりにも、夜の終わりにも「良い予感」をもたらしてくれそうだ。

「この春は舞台のお仕事で制作を中断する予定だったんですけど。自粛期間に入ってしまったことで、自分自身と向き合って音楽に集中する時間を過ごしました。それもあって、さらに満足度の高いものが作れた気がします」

なお今作は冨田恵一(冨田ラボ)プロデュースによる「コンクール」や、スカートの澤部渡がアレンジした「ゆめのなか」など、多彩なミュージシャンとのコラボレーションも新鮮。その一方で自身がアレンジを手がけた楽曲も収録されており、聴きどころ満載。

「冨田さんにはクラシカルなサウンドにスクラッチの現代的な要素を入れたいです、とお願いしました。自分でアレンジをしたり、レコーディングで年上のミュージシャンの方たちに私がやりたいことを伝えることも難しかったりしますが。そういうことも含めて少しずつ挑戦していくことがきっと、進みたい未来に繋がるような気がしています」

さくらさんのひたむきさも、ミュージシャンとしての素晴らしい成長ぶりも、音になって聞こえてくる。しかし落ち着いた歌声やどこかアンニュイな楽曲世界は時に、彼女がまだ24歳であることを忘れるほど成熟している。理想の生活や憧れの女性像は? なんて質問をしたら、こんな答えが。

「これまで漠然と『ヨガをする人ってカッコいいな』とか『部屋でキャンドルをたいてみたいな』なんて、お洒落な生活への憧れがあったんですけど。家で過ごす時間が多い今こそやってみようと。ヨガで呼吸を整えたり、良い香りを日常に添えることってすごく大事。今はかなりいい感じで毎日を過ごしています(笑)」

『SUPERMARKET』 【SUPER盤(CD+ブックレット+配信ライブチケット)】¥5,400 【MARKET盤(CD+ブックレット)】¥4,000 【通常盤(CD)】¥3,000 【LP】¥4,000(ビクターエンタテインメント)

ふじわら・さくら 福岡県出身、スモーキーな歌声が魅力のシンガーソングライター。2015年、EP『a la carte』でメジャーデビュー。今年は4枚のデジタルシングルのリリース、配信ライブの開催など精力的に活動中。ニット¥11,800(ビームス ボーイ/ビームス ボーイ原宿 TEL:03・5770・5550)

※『anan』2020年11月4日号より。写真・岩澤高雄(The VOICE) スタイリスト・岡本さなみ ヘア&メイク・小嶋克佳 取材、文・上野三樹

(by anan編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング