水でも太りそう…代謝低下が気になる人の「秋冬に最適簡単ダイエット」 #80

ananweb / 2020年10月29日 18時30分

水でも太りそう…代謝低下が気になる人の「秋冬に最適簡単ダイエット」 #80

2020年はインドア志向が高まり、運動不足の人が増えているようです。体を動かさないと代謝が落ち、体重増加や免疫力低下、不調などを招く恐れが。そこで、漢方薬剤師の大久保愛先生が、代謝アップにつながる簡単な方法をお伝えします! 

文・大久保愛

【カラダとメンタル整えます 愛先生の今週食べるとよい食材!】vol. 80

代謝、落ちていませんか?

最近、食べる量を減らしても水を飲んだだけでも太る気がする…冷えを強く感じやすくなった…疲れやすくなった…などの悩みを感じることはないでしょうか。もし気になっている場合には、代謝が低下しているのかもしれません。

代謝には、古い細胞を排泄し新しい細胞を作る新陳代謝や、内臓の働きや体温の維持など生きていくために必要なエネルギー消費をする基礎代謝などの種類があります。よく代謝がいいとか悪いとかいう表現を耳にしますが、代謝が低いということは見た目の老化、臓器の働きの低下、冷え、太りやすい、疲れやすいなどの状態がおこります。

新型コロナウイルスの影響で、今年はインドア傾向にありましたが、栄養バランスが乱れたり、一日の移動距離が減ると同時に運動量が減ったりと、例年よりも代謝が落ちやすくなっています。ですが、私たちは年々老化し代謝は落ちていっています。そこで今週は、代謝をサポートする食薬(※)習慣を紹介していきます。

今週は、代謝をサポートする食薬習慣

寒さ、だるさ、体の重さを感じることはないでしょうか。この不調の共通点は代謝の低下です。代謝の低下の原因には、さまざまなものがあります。これを漢方では「気」が不足している状態と表現します。そうすると同時に起こるのが免疫の低下です。「気」には防御の働きもあるため「気」の不足は、冷え、疲労、肥満、感染症などのさまざまなリスクを生じさせてしまうのです。すぐにでも「気」を補充したいものです。

リモートワークで1日5000歩も歩いていなかったり、好きなタイミングで食事以外に間食する癖ができていたり、運動していた習慣をやめてしまったりと、代謝の低下を招く生活をしていたことに思い当たる節はないでしょうか。

これから、寒くなる時期には体を温めるために代謝が上がりやすい時期になるとも言われています。なので、今までだらけた生活習慣を身に着けてしまい、代謝の低下、便秘、運動不足などを実感している人たちは改善するのに良いタイミングなのです。

そこで、今週は「気」を補い代謝をサポートする食薬習慣を紹介します。食べるとよい食薬レシピは、【玄米酵素ごはん】です。

食薬レシピ【今週食べるとよい食材:玄米酵素ごはん】

玄米酵素ごはんは、少しとっつきにくい名前をしていますが、実は家庭で簡単に作ることができます。非常に簡単かつ保存にも便利な主食です。一度にたくさん炊き上げ、1日1回かき混ぜることでなくなるまで半永久的に食べることができます。

毎日お米を炊くことを面倒に感じる面倒くさがり屋さんに特におすすめしたいメニューです。玄米酵素ごはんは、炊いて3日目に発酵が完成しますが、発酵が進む前から食べてしまっても大丈夫です。

食べるとよい食材:玄米

玄米は、そのままだと消化に負担がかかることがありますが、発酵させることで栄養の吸収もあがり、消化の負担も軽減できます。白米より、代謝をあげ「気」を補うために必須なビタミンB群を非常に多く含み、そのほかにも鉄、亜鉛、マグネシウム、カリウム、カルシウムなどのミネラル、食物繊維、ビタミンEも豊富に含まれています。

食べると良い食材:小豆

プロアントシアニジン、カテキン、アントシアニンなどの抗酸化作用のある成分や便からの毒素の排泄に役立つ食物繊維、代謝に必要なビタミンB群などが豊富に含まれています。通常お米を炊くときに混ぜても、お米がほんのり色づき美味しく仕上がります。

玄米酵素ごはんの作り方

3合分の玄米酵素ごはんを作るときの方法をお伝えします。簡単にできるのでぜひお試しくださいね。

玄米3合、玄米モードより少し多めのお水、小豆40g、天然塩小さじ1が材料です。まずは、玄米を洗い、玄米、塩、小豆を混ぜ泡立て器で8分程度ゆっくり円を書くようにかき混ぜ玄米の殻をほぐします。そして、水を入れて玄米モードで炊き上げます。そのまま保温モードでキープします。

1日1回全体をかき混ぜると、3日目に完成します。もちもちと食感も楽しめる美味しい玄米酵素ごはんが完成します。変なにおいがするときには、雑菌が繁殖しているので食べないようにしましょう。基本的に失敗することはないと思います。

代謝の低下が気になる人は、主食を「気」を補うことのできる玄米酵素ごはんに変更することで代謝アップにつながります。ぜひ、面倒くさがらずに一度チャレンジしてみてくださいね。

※食薬とは…
漢方医学で人は自然の一部であり、自然の変化は体調に影響を与えると考えられています。気温や湿度、気圧の変化だけではなく、太陽や月の動きまでもが体に影響を与えています。学生の頃、太陽暦や太陰暦を学んだことを覚えていませんか? 一月の日数や季節などは太陽や月の動きから決められていたことはご存知のかたは多いと思います。

月や太陽は、地球との位置により引力が変わり、地球では潮の満ち引きが起こります。地球の約七割が水分と言われていますが、同様に人の体も約七割が水分と言われています。そう考えると、人間も月や太陽の影響を受けることは想像しやすいことだと思います。中国最古の医学書である皇帝内経(こうていだいけい)にも、月が体調に影響を与えることは記されています。

つまり、気温、湿度、気圧、太陽、月の変化と様々なものを指標にすることにより、より正確に体調管理をすることができます。この体調管理に食事内容を役立てることを『食薬』と呼びます。

※食薬とは…
漢方医学で人は自然の一部であり、自然の変化は体調に影響を与えると考えられています。気温や湿度、気圧の変化だけではなく、太陽や月の動きまでもが体に影響を与えています。学生の頃、太陽暦や太陰暦を学んだことを覚えていませんか? 1か月の日数や季節などは太陽や月の動きから決められていたことはご存知のかたは多いと思います。

月や太陽は、地球との位置により引力が変わり、地球では潮の満ち引きが起こります。地球の約七割が水分と言われていますが、同様に人の体も約七割が水分と言われています。そう考えると、人間も月や太陽の影響を受けることは想像しやすいことだと思います。中国最古の医学書である皇帝内経(こうていだいけい)にも、月が体調に影響を与えることは記されています。

つまり、気温、湿度、気圧、太陽、月の変化とさまざまなものを指標にすることにより、より正確に体調管理をすることができます。この体調管理に食事内容を役立てることを『食薬』と呼びます。

information

大久保 愛 先生
漢方薬剤師、国際中医師、国際中医美容師、漢方カウンセラー。アイカ製薬株式会社代表取締役。秋田県出身。昭和大学薬学部生薬学・植物薬品化学研究室卒業。秋田の豊かな自然の中で、薬草や山菜を採りながら暮らす幼少期を過ごし、漢方や食に興味を持つ。薬剤師になり、北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び、日本人で初めて国際中医美容師資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て、漢方・薬膳をはじめとした医療と美容の専門家として活躍。おうちで食薬を手軽に楽しめる「あいかこまち」を開発。漢方カウンセラーとして、年間2000人以上の悩みに応えてきた実績を持つ。著書『1週間に1つずつ心がバテない食薬習慣(ディスカヴァー・トゥエンティワン)』は発売一ヶ月で七万部突破。『心と体が強くなる!食薬ごはん(宝島社)』、近著に『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典(KADOKAWA)』がある。
公式LINEアカウント@aika

『1週間に一つずつ 心がバテない食薬習慣』(ディスカヴァー)。

最新刊『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』(KADOKAWA)
体質改善したい人、PMS、更年期など女性特有の悩みを抱える人へ。漢方×栄養学×腸活を使った「食薬」を“五感”を刺激しつつ楽しく取り入れられる。自分の不調や基礎体温から自分の悩みを検索して、自分にあった今食べるべき食薬がわかる。55の不調解消メソッドを大公開。

©Highwaystarz-Photography/Gettyimages
©Vyacheslav Chistyakov/Gettyimages
©PeopleImages/Gettyimages

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング