1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

鈴木伸之のイジリに周囲は冷や汗!? 劇団EXILE太鼓判の“天然”メンバーは?

ananweb / 2021年9月12日 22時10分

鈴木伸之のイジリに周囲は冷や汗!? 劇団EXILE太鼓判の“天然”メンバーは?

ドラマ『JAM -the drama-』に主演する劇団EXILEメンバーがぶっちゃけトーク。鈴木伸之さん、八木将康さん、佐藤寛太さんの3人にがドラマや劇団メンバーの素顔について話します。

展開が読めないから面白い! 小澤さんの表情にも注目!
鈴木伸之×八木将康×佐藤寛太



――ドラマ版を作るというお話を聞いた時のお気持ちは?



八木:個人活動が多くて全員で集まる機会があまりなかったので、またみんなでできるというのが嬉しかったです。



鈴木:でもどうなるんだろうっていうのはありましたよね。僕は映画で一言も喋ってないし。



佐藤:僕も映画ではラーメン屋だったのに、ドラマではいきなり香港から帰ってきたアクションスターっていう設定になっていて。そんな続編ある!? っていう、展開が読めない期待の裏切り方が面白いなと思いました。



――撮影現場で印象的だったエピソードを教えてください。



鈴木:小澤(雄太)さんて、喋る時にすごい口角を上げるんですよ。それが途中から面白くなってきちゃって、小澤さんが口角上げるたびに“これヤバいなー”と思う瞬間は多々ありました(笑)。



佐藤:一回、めちゃくちゃ噴き出してましたよね?(笑)



鈴木:小澤さんは先輩なんですけど、いじられキャラみたいな感じなんです。



八木:小澤さんは絶対何かやってくれるからなー(笑)。



――登場人物はさまざまな「狂気」をはらんでいますが、一番「狂気」を感じるメンバーは?



佐藤:鈴木さんかな? 小澤さんの、ここだけはいじらないでくれっていう最後の砦みたいなものを、いともたやすく足蹴にしていく勇猛果敢さ(笑)。しかもそれを必ず笑いに変えるのがすごいですよね。



八木:小澤さん、なんならいじられるの嫌いだよね(笑)。



佐藤:確かに(笑)。



鈴木:だから俺が抗体になろうと、この10年ちょっとずつワクチン打ってるみたいなもんなんですよ。昔は本当にいじられたくない人だったけど、でもやっぱり彼は天然だし、いじられて輝くタイプなんで。



佐藤:その例え方が、狂気!



八木:俺は寛太だと思うけど。いきなり呼吸荒くなって噛み付いてきたりするんで、狂気でしかないですよね。



佐藤:持病みたいなもんなんで仕方ないです。急に噛みたくなるんですよ。あ、今はご時世的にダメなので、つねってます!



鈴木:僕は将康さんかなって。劇団メンバーの中でも一番いい人ですけど、俺が小澤さんいじってる時、一番楽しそうなんですよ。普段、自分が言えないようなことを俺が言うから。



佐藤:確かに!(笑) 僕、聞いてませんっていうていなのに、目と耳が完全にこっち向いてるんですよ! 嬉しそうな顔して。



鈴木:俺、コントローラー握られてるようなもんですよ。



八木:鈴木くんのいじりが面白すぎて、確かにもっといかないかなって思ってるところはちょっとあります(笑)。



――今後、CL(LDHの動画配信)では誰とコラボ配信してみたいですか?



八木:兄(EXILE SHOKICHI)! 最近、僕に子供が生まれてからよく連絡を取り合うようになったので、八木家の昔話をしたいですね。



鈴木:歌も二人で歌ってほしい。



八木:それ親が喜びそう(笑)。



鈴木:僕はATSUSHIさんとお話ししてみたい。個人的に好きというのもありますし、音楽と俳優って全然違うジャンルなので音楽のトップを極めた人から刺激をいただきたいですね。



佐藤:そういう意味でいうと、僕は(橘)ケンチさんですかね。いろんな勉強をしていろんな方にお会いして、いろんな価値観を持たれてる方なので、そういう部分を見習いたいなって。



――今後この9人でやってみたいことはありますか?



八木:野球チーム?



佐藤:それ9人に引っ張られすぎじゃないですか? まぁ野球経験者多いですしね。



鈴木:あと、2時間1本にまとめた9人の短編映画とか?



佐藤:それでどっかで誰かと誰かが繋がってるみたいな!



八木:それ、めっちゃいいじゃないですか。やりたい!

すずき・のぶゆき(写真右から3番目) 1992年10月14日生まれ、神奈川県出身。『HiGH&LOW』や『PRINCE OF LEGEND』シリーズ、ドラマ『お茶にごす。』、映画『東京リベンジャーズ』など出演作多数。

やぎ・まさやす(写真左から2番目) 1987年8月28日生まれ、北海道出身。EXILE SHOKICHIは実兄。「CRAZY四角形」名義で歌手活動も行う。今年の出演作に、舞台『“STRAYDOG” Produce「夕凪の街 桜の国」』など。

さとう・かんた(写真左から3番目) 1996年6月16日生まれ、福岡県出身。『HiGH&LOW』シリーズのテッツ役として知られる。映画『いのちスケッチ』に主演。最近の出演作に映画『花束みたいな恋をした』など。

げきだんエグザイル 2007年旗揚げ、現在は9名で活動する劇団。昨年初めてのメンバー全員出演公演『勇者のために鐘は鳴る』を行った。メンバーは、劇団作品以外の映画、ドラマ、舞台などでも幅広く活躍中。

『JAM -the drama-』『JAM -ザ・リサイタル-』 映画の登場人物たちのその後が描かれる『JAM -the drama-』は、ABEMA SPECIALチャンネルにて独占無料放送中(毎週木曜22時~・全8話※8話のみ23時30分~ABEMA SPECIAL2)。演歌歌手や謎の青年、チンピラたちの事情や思惑が入り乱れ、巡り巡って皆で一大エンタメショーを作り上げていく物語。八代亜紀や純烈との豪華共演も必見! 10月中旬より、作品世界を舞台上で繰り広げる『JAM -ザ・リサイタル-』も開催。

※『anan』2021年9月15日号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・礒野亜加梨 高尾奈菜 風祭友希子(以上studio mam)取材、文・菅野綾子 保手濱奈美 撮影協力・バックグラウンズ ファクトリー

(by anan編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング