1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. 恋愛

“手放さなきゃよかった”… 実際に「別れて後悔した女性」の特徴3つ

ananweb / 2021年10月9日 20時45分

“手放さなきゃよかった”… 実際に「別れて後悔した女性」の特徴3つ

いつも傍にいると、相手の大切さに気づけないもの。離れてみて、いかに大切だったかを知ることもあるでしょう。それは恋愛も同じ。では、男性にとって“別れて後悔する女性”とはどんなタイプなのでしょうか? 今回は彼女と別れて後悔した経験のある男性たちに、その女性の特徴を教えてもらいました。

1:明るくて「社交的」

「元カノと別れたとき。それを周りの友だちに伝えたら、『なんで?』『もったいない!』と何度も言われました。確かに、元カノは明るくて社交的で、みんなとも仲良くしていました。

そこで一時的な感情で手放してはいけないと感じ、すぐに連絡をしたんですね。そうしたら、すでに新しい彼氏ができていました。“手放さなきゃよかった…”と思いましたよ」ダイシ(仮名)/26歳

明るくて社交的な彼女は、周囲の評判が高かったのでしょう。彼も周りに相談することで、改めて“自慢の彼女”であったと気づいたようです。自分の身近な人と仲良くしてもらえるのは嬉しいですし、安心できますよね。

ただ、素敵な女性には常に周りの男性が狙いを定めている可能性も。うっかり手放すと、すぐに奪われしまうかも…!?

2:「家庭的」で世話焼き

「以前付き合っていた彼女は、よく家に来て料理を作ったり、掃除をしてくれたりしていました。最初はありがたかったのですが、それがあまりに頻繁になってきて、ウザく感じてしまうように…。それが原因で別れてしまいました。

それから何人かの女性と付き合ったけど、あのときの彼女ほど世話を焼いてくれる人はいません。当たり前じゃなかったんだな…と実感しています」モトキ(仮名)/27歳

よく尽くしてくれた彼女だったんでしょう。彼はその存在のありがたみを、あとから実感したようです。

しかし、あまりに家庭的だと男性は親のように感じてしまう場合も。付き合っているときはバランスを調整しながら、尽くしすぎないようにしたいですね。

3:「元気」でテンションが高い

「元カノは、いつも元気でテンションの高い女性でした。一緒にいると楽しいし、盛り上がります。ただ、よくケンカもしました。お互いに引かないので、よくぶつかり合ってしまって…。

かなり激しく揉めて、ボロボロになったこともありました。でも、今思うととても楽しかったですね。あんなに自分に向き合ってくれる女性にはもう会えないんだろうなと思います」ショウタ(仮名)/30歳

元気なだけでなく、意思の強い女性だったのかもしれません。人と本気でぶつかり合う機会が少ないからこそ、彼の記憶に強く残ったのでしょう。

喧嘩するほど仲がいいというように、お互いいい意味で遠慮せず、気持ちを共有できるのは当たり前ではありませんよね。

男性が“別れて後悔した女性の特徴”をご紹介しました。

一度別れてからヨリを戻すと、さらに絆が深まる場合も。もし、交際していても関係に進展がないのなら、そんなパターンを狙ってもいいのかもしれません。

©Extreme Media/gettyimages
©izusek/gettyimages

文・塚田牧夫

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング