1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

伊藤沙莉、映画には苦い思い出あり…おすすめの名作は“クレヨンしんちゃん”

ananweb / 2021年10月15日 19時10分

伊藤沙莉、映画には苦い思い出あり…おすすめの名作は“クレヨンしんちゃん”

「10代前半は映画に全然縁がなかった」。スクリーンへの憧れを抱き続けた彼女は、今や日本エンタメを代表する俳優に成長。そんな伊藤沙莉さんが思う名作映画とは?

監督や役者と意見を出し合う、その時間がとても幸せ。

「数を観ているわけでも、過去の作品を遡って…というタイプでもないですが、観る立場で考えると、自分にとって映画はとても身近な娯楽です。自分の状況や気持ちに、作品がぴたっと寄り添ったときの感覚に出合うと本当に嬉しくて。また、昔はそんなにピンとこなかったけれど、時が経ってから観ると以前とは全然違う感情が生まれてくることもある。映画は、一緒に時を重ねることができる、そんなエンタメだと思います」

9歳でドラマデビューし、その後も子役として数々の名作に出演した伊藤沙莉さん。ただ昔の伊藤さんにとって映画は、少し苦い思い出のあるフィールドでもある。

「高校生になるまで全然縁がなかったんです。オーディションは片っ端から落ちるし、決まっても企画がなくなったり…。だから私にとって映画は、一生立ち入れないハードルの高い世界だと捉えていました。でも、大勢の人と一つの空間で同じ作品に集中する劇場ならではの感覚、そして人生をじっくり描き出すあの感じ、とてもいいじゃないですか。だから憧れはありました。初めてエンドロールに自分の名前が出たのを映画館で観たときは、感慨深かったです」

いち映画ファンとしては、登場人物の人生を感じられる、そこに生きている、と思わせる力がある映画が名作だ、と語る。

「何か大きな事件が起きなくても、誰かが死ななくてもいい。“人生は続いている”と思わせてくれる作品が好きです。ちりばめられた伏線を拾いながら、登場人物たちの人生を想像する。その時間がとても居心地がいい。必ずしもハッピーエンドである必要はない。たとえ後味が悪い映画でも、きっと共感する誰かにとってはその結末は優しいと思うので」

これから公開される映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』は、社会に折り合いをつけつつ生きてきた46歳の佐藤誠という男の人生を、現在から過去に向かって描きながら振り返るという作品。今の佐藤が形作られるきっかけになった出来事や出会いをなぞりながら、彼の人生を体験していく。佐藤にとって最も大きく、そして未だ折り合いがつけられていないのが、伊藤さん演じるかつての恋人・加藤かおりの存在だ。

「これまで私は、言われたことに100%以上で応えるのが自分の仕事だと思ってきたので、脚本家や監督にアイデアを出すという経験をあまりしてこなかった。でもこの作品は、撮影前の段階から“かおりはどうすると思う?”と意見を聞いてもらったり、また彼女の感情や存在の仕方について、監督や、佐藤を演じる(森山)未來さんと、撮影中もディスカッションする時間をたくさん持つことができた。それはとても充実した時間だったし、こういう瞬間が好きだから私はこの仕事をしているんだと、改めて実感しました」

とはいえ、撮影中から“これは名作になる!”という手応えがあるかというとそれはまた別だそう。

「私たち役者は全力を尽くしますが、でも素材を提供しているにすぎず、名作になるかどうかは出来上がってみないとわからない。なので撮影が終わったら、“早く完成形を観せてくれ~!”とずーっと言ってます。この作品も先日やっと観ることができたんですが、未來さんの佇まいや表情によって佐藤の人生が色濃く描かれていて、本当に素晴らしかった。観終わったときに、佐藤の46年を見たという感覚が持てたことは、まさに私が思う名作映画の在り方でした。観ていただく方にも、スクリーンで誰かの人生を追体験する感動を味わってほしいです」

My 名作映画



『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』
『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ9作目。テーマパーク〈20世紀博〉で懐かしい世界に浸り、喜ぶ大人たち。いつしかひろしは会社に行かなくなり、みさえは家事をやめてしまい…。「過去に思いを馳せるという意味で、『ボクたちは~』と同じ感覚を味わえる映画。名作は観る年齢で感じ方が変わるので、登場人物と同じ年になったときに何を感じるのかが楽しみです」



『ボクたちはみんな大人になれなかった』
46歳の佐藤はかつて共に時間を過ごした七瀬と再会。酒を飲み交わすうちに、‘90年代からの時代を彩るカルチャーとともに、自分の過去が胸に蘇る。恋人との離別、一瞬惹かれた年下の女の子、会社での慌ただしい日々。なかでも雑誌の文通欄で知り合ったかおりは色濃く残っていて…。出演は森山未來、伊藤沙莉、萩原聖人、大島優子ら。原作は燃え殻の同名小説。11月5日より、シネマート新宿、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほかロードショー。同時にNetflix全世界配信開始。©2021 C&Iエンタテインメント

いとう・さいり 千葉県出身。ドラマ『モモウメ』がHuluで配信&日本テレビで放送中。2022年1月スタートの『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系、月曜21時~)に出演。

ニットタートル¥28,600(DOMENICO+SAVIO TEL:03・6452・3135) シングルストラップスカート¥59,400(UJOH/M TEL:03・3498・6633) パンプス¥14,850(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店 TEL:03・3573・4005)

※『anan』2021年10月20日号より。写真・松田 拓 スタイリスト・吉田あかね ヘア&メイク・aiko

(by anan編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング