1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

飛ぶように売れた! 【2021年大人気コンビニスイーツ】セブン、ローソン、ファミマ7選

ananweb / 2021年12月28日 19時30分

飛ぶように売れた! 【2021年大人気コンビニスイーツ】セブン、ローソン、ファミマ7選

年間150種以上、累計500個以上のコンビニスイーツを食べたライターが、2021年特に印象に残ったコラボスイーツを紹介します。2022年も引き続き発売される可能性が高いコラボなので、要チェックです!

セブン-イレブンのオススメコラボスイーツ

セブン-イレブンのコラボスイーツといえば、なんといっても「ピエール・エルメ シグネチャー」シリーズ! 特に2021年に印象的だったスイーツを1つ紹介します。

ピエール・エルメ シグネチャー カップケーキ ストロベリー ¥334

春らしい上品な色味のスイーツが、少し細身なカップに入っていて、高級感があふれています。

蓋を開けると真っ赤ないちごソースがお出迎え。上からいちごソース、いちごムース、いちごソース、バニラムースという構造になっていて、一見しただけでもいちごの果実感がわかります 。

食べるといちごの甘酸っぱさからバニラの甘みへと、2種類の味のグラデ―ションが楽しめます。また、外からはわかりませんが、ケーキの中心部分にはスポンジケーキが隠れていて、食感にも変化を与えてくれます。

※ 2021年4月24日配信

ファミリーマートのオススメコラボスイーツ

個人的にコンビニの抹茶スイーツで一番感銘を受けたのは、ファミリーマートと「上林春松本店」のコラボシリーズ。抹茶の香り、苦み、旨味がワンランク上だなと感じました。2021年に印象に残ったコラボスイーツを3つ紹介します。

ファミリーマート ショコラピスタチオ ¥320

2020年10月、ファミリーマートから氏家健治シェフ監修の「エクアドル・スペシャル」シリーズが発売されました。「エクアドル・スペシャル」とは、カカオの名産地エクアドルで、カカオ豆からチョコレートまで一貫して製造しているファミリーマートのオリジナルチョコレートのこと。今回、その「エクアドル・スペシャル」が再登場。

チョコレートで美しくコーティングされたケーキに、パラパラッとピスタチオがちりばめられています。
中はどのようになっているのでしょうか…。

このように、チョコレートスポンジの下に、ピスタチオのムースが入っていました。こだわっているだけあって、チョコレートのアロマが豊か! ひと口食べると、芳醇な風味が鼻をス~っと突きぬけます。

食べ進めるとムースの下もチョコレートスポンジ。もう、チョコレートとピスタチオの相性が良すぎです!

※ 2021年10月9日配信

ファミリーマート 5種のフルーツロール トライフル ¥278

今回は2020年も発売された「5種のフルーツロール トライフル」がリニューアル。楽しみすぎて、撮影前にすでにひとつペロリと食べてしまいました。

5種のフルーツなのですが、キウイ、いちご、桃、マンゴーの4つしか見当たりません。

最後の1種類は食べると分かります。なんと底面にバナナが入っています。他の4つが甘酸っぱいフルーツなので、口の中でねっとりと甘いバナナを感じた時、その対比が美味しすぎて歓喜です。

周りのスポンジはフワフワで卵のコクたっぷり、ホイップクリームには北海道産生クリームがブレンドされています。驚くべきはカスタードクリームに入っているバニラビーンズの多さです。

ビジュアルと本格的な美味しさを兼ね揃えたスイーツがコンビニで購入できるなんて、ありがたすぎです。

※ 2021年3月6日配信

【上林春松本店監修】宇治抹茶の生チョコタルト ¥220

ファミリーマートの抹茶スイーツでおなじみの『上林春松本店』監修のスイーツ。

見てください! ほんのり金粉がかけられていて高級感にあふれています。

カットしてみると、中のフィリングはこのように、上は抹茶チョコレート、下は抹茶ガトーショコラの2層仕立てになっています。『上林春松本店』監修のスイーツならではのほろ苦さがたまりません。タルト生地は香ばしくしっとりとしていて、細部にまでこだわりが感じられました。

※ 2021年5月22日 配信

ローソンのオススメコラボスイーツ

ローソンのコラボスイーツは、なんといっても「GODIVA」ではないでしょうか。他にも2021年に印象に残っている、ローソンならではのコラボスイーツを3つ紹介します。

Uchi Café×GODIVA ショコラドーム ヴァニーユ ¥450

ローソンとゴディバのコラボといえば、もはや定番。しかし、その新作が登場するたびに毎回心が躍ります。今回のスイーツはこのようにドーム型になっていて、中はどのようになっているのだろうとワクワクさせてくれます。

断面図はこのようになっています。ドーム型のチョコムースの下は、バニラムース、チョコチップ、チョコカスタードクリームとなっています。

では、実食。まずはチョコムースから。グラサージュとカカオニブがトッピングされています。ムースの色的に甘めかな? と予想していたのですが、かなりビターで大人な印象。ふたくち目からは、ムース、クリーム、ケーキを一気に全部食べたのですが、これが大正解! バニラムースは甘いものの、中のムースとクリームは全体的にビター。対して、チョコスポンジが上品な甘さ。一緒に食べることで、口の中でビターとスイート両方のチョコレートを味わえます。

※ 2021年2月6日 配信

Uchi Café×サダハルアオキ シューマッチャ キャラメル 2個入 ¥640

人気パティスリー『サダハル・アオキ・パリ』とローソンの初コラボスイーツ。正直価格は高めですが、2個入りで、しっかりとしたケースに入っていて、期待が高まります。

生地はフランス産小麦と国産小麦をブレンドし、クッキー生地をのせて焼き上げられています。

食べると、クッキーシュー生地の心地よい甘さとふんわりと香る小麦の香りに癒されます。そして、中の抹茶カスタードクリーム。これでもかというほど抹茶が濃厚。そこに、ゲランドの塩とバニラビーンズを使用した塩キャラメルソースが抹茶の邪魔にならないように、そっとちょうどよいバランスで入っています。素材の美味しさが感じられるシュークリーム、ぜひお試しを。

※ 2021年8月7日配信

Uchi Café×八天堂 かすたーどラムレーズンロール ¥220

“くりーむパン”が大人気のスイーツショップ『八天堂』。久々にローソンとのコラボスイーツが発売されました! 

ローソンのプレミアムロールケーキがベースになっています。中には八天堂監修の“かすたーどクリーム”が入っていて、上にラムレーズンソースがトッピングされています。

では、実食。口どけが良く、あっさりとして、ふんわりやわらか食感の“かすたーどクリーム”に、ちょっぴり洋酒が効いたラムレーズンソースがよく合います。クリームの中にはホールのラムレーズンも入っていて、リッチな気分。

※ 2021年8月28日配信

2022年はどんなコラボスイーツが発売されるかな?

定番や準定番のスイーツにならない限り、新作コンビニスイーツは短ければ2週間程度で終売となってしまします。特に今回紹介したコラボスイーツはほとんどが期間、数量限定販売となっています。心ときめくコンビニスイーツとの出合いはまさに奇跡。2022年はどのようなコンビニスイーツが発売されるのか楽しみです。

文・小田原みみ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください