1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

トレンドの服も要注意! スタイリスト直伝「初デートで避けたいNGデートコーデ」

ananweb / 2023年11月11日 20時0分

トレンドの服も要注意! スタイリスト直伝「初デートで避けたいNGデートコーデ」

気になる男性とのデートは、いつも以上に服装に気をつかうもの。とくに出会ったばかりの時期はお互いをよく知らないので、外見から見て取れる印象が今後の関係性を左右します。無難すぎて印象に残らないのもイマイチですが、それよりも避けるべきは軽く見られること…! そこで今回は、初デートで絶対にやってはいけないNGデートコーデの特徴をご紹介します。

狙い過ぎ!? カットオフワンピース

昨年あたりからドッと増え出した、カットオフデザイン。カットオフとは、服の一部分に切れ込みが入っていているデザインのことを指します。肩やウエスト、また胸元などの一部分の素肌を露出することで、さりげなくヘルシーな色気を表現できるということで人気となっています。

たしかにおしゃれなトレンド服ですが、初デートのコーデで採用するのは少し考えもの。とくに胸元がチラ見えするタイプのニットワンピースは、胸への視線を集中させるので、あざとさが際立った着こなしになります。相手の男性によっては、少々目のやり場に困ってしまうかも…。適度に素肌露出をさせたいのなら胸は出さずに、肩や鎖骨といったセクシャリティが強くないパーツを露出させましょう。

だらしなさ過ぎ!? ゆるニット+ノースリトップス

あざといコーデの基本は、“緩さ”と“露出”です。緩さは、ゆったりしたニットやカーディガンなど、ラフなアイテムを取り入れること。そして露出は、インナーはキャミソール、ボトムスはショートパンツやミニスカートなどで、素肌が見える面積を増やすこと。このラフな着こなしに素肌が見えるというギャップのあるコーデは、男性にときめきを与えます。

しかし、ときめきを与える一方で、場合によっては相手の男性に「軽そう」「すぐ落とせそう」といった悪印象を抱かれる可能性も否めません。相手の男性がパートナーに求める貞操観念の度合いが把握できない段階では、過度なあざとさや緩そうな服装で勝負を仕掛けないほうがベターです。

初回はシンプルでジャストサイズな服装に!

では、初デートの時はどのような服装が良いのか。やはり王道ではありますが、パンツ・スカートスタイルどちらにしても、シンプルで清潔感のある着こなしがベストです。また肌は見せず、サイズに合った服装でスタイルが美しく見えるテクニックを追求しましょう。そして、コーデ全体の色合いを華やかにすることも忘れずに。服のサイズ、配色、コーデバランスを整えれば、品のある好感度の高いデートコーデが実現できるので、ぜひこれらのポイントを意識して取り入れてみてくださいね。

イラスト・文 角 佑宇子

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください