1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. 恋愛

「人妻だから愛していたのに」と言われ… 不倫相手のために離婚した「30代女性の末路」【後編】

ananweb / 2023年11月19日 21時15分

「人妻だから愛していたのに」と言われ… 不倫相手のために離婚した「30代女性の末路」【後編】

絢子さん(仮名)は、安易な気持ちで「割り切った関係」の不倫を始めたそう。いつしか不倫相手の高橋さん(仮名)に本気になってしまい、夫に不倫を知られる前に離婚を切り出しました。無事に離婚が成立し、絢子さんの計画通りに物事が進んでいると安堵していたのもつかの間、予想もしなかった出来事に見舞われます。女性の心に寄り添うメンタル心理カウンセラーの並木まきが、独身として不倫相手と付き合うために夫と離婚した30代妻の末路をご紹介します。

離婚成立を不倫相手に伝えると予想外の展開に

絢子さんの不倫相手である高橋さん(仮名)は、もともと結婚願望がなく、人妻との交際歴が豊富な男性。そのため絢子さんは高橋さんに精神的負担をかけたくないという思いから、離婚が成立するまでは夫と離婚協議を進めていることを伏せていました。離婚が成立し、はじめて高橋さんに状況を伝えたところ、思いもしなかった展開に見舞われたと言います。

「私が離婚を報告した途端に、高橋さんの顔がサッと曇ったんです。私はその表情を見て、とても違和感を覚えました。
そして、高橋さんはしばらく黙ったあとに『そうか…。じゃあ俺たちもこれで終わりだね』と悲しそうな顔で私に告げてきたのです…」

高橋さんと晴れて独身カップルとして堂々と付き合えるようになったと喜んでいた絢子さんは、まったく想像もしなかった「別れ」を高橋さんから告げられ、その場でパニックになったとのこと。しかし泣いてもすがっても、高橋さんの意向が変わることはなかったそうです。

「人妻だから愛していたんだ」と告げられ…

「『せっかく独身になったのにひどい!』『せめて付き合ってから、やっぱりダメだと振られるならわかるけれど、離婚したから別れるというのは違うでしょ!』と説得しましたが、まったく聞き入れてもらえませんでした。
高橋さんからは、『ごめん。君が人妻だから愛していたんだ。独身になった君を愛することはできない』と言われ、その日を境に私からの連絡には一切出てくれなくなり、LINEをしても未読無視をされ続けました」

高橋さんに連絡をし続けて、反応がない状態が1か月ほど続き、ようやく「もう完全にダメなんだ」と悟ったという絢子さん。すでに離婚も成立したあとで、愛する男性にも去られ、ひとりぼっちになった孤独を噛み締めたと振り返ります。

「自分は、なんて浅はかだったんだろう…と思いました。一時的に不倫相手にのぼせ上がって、簡単に夫を捨ててしまった選択も悔やんでいますし、不倫相手からあんなにあっさりと振られた自分も情けないです。
それ以来、もう恋愛をする気力もなくなり、今は会社と家を往復するだけの毎日。夫と復縁したいとも考えたのですが、夫にはすでに同棲中の恋人がいるようなので、それも無理です。
あんなに簡単に、人生の大事な選択をしてしまったことを深く後悔しています。不倫をしなければ、今もまだ仮面夫婦とはいっても夫との生活が続いていたと思います。目先の生活や老後のことなどを考えると、先走って離婚をしたことで人生への不安要素が強くなった現実には、後悔してもしきれません」

不倫相手への感情から、大切なものを見誤ってしまうこともあるのでしょう。一見すると自分の思い通りに進んでいるように見えても、長い目で見ると間違った選択をしていたということもあります。特に不倫が絡むと、人生の重要な選択において誤った判断をしやすいことは否めません。

©yamasan/Adobe Stock ©metamorworks/Adobe Stock

文・並木まき

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください