90kgを3回経験した猛者が語る「リバウンドを防ぐダイエット」とは?

ANGIE / 2014年10月30日 3時18分

0bfca45488b08b436f3554f44ab27f5f 光あるところに影あり。そして、ダイエットあるところに、Oh……リバウンドあり!   そもそも、なぜリバウンドは起こってしまうのでしょう。 人間には、体の状態を一定に保とうとするシステムがあります。体が熱くなれば汗をかいて体温を下げるように、リバウンドは、食欲を増進させることなどで、痩せたカラダを元に戻そうとする状態なんです。  

「リバウンドを防ぐダイエット」とは?

0bfca45488b08b436f3554f44ab27f5f ズバリ、体(脳)に気づかれないよう、ゆっくりと痩せること! 数字にすると3カ月で体重の5%まで。体重50kgで1カ月に0.8kg、60kgで1kgまでの減量が理想的といわれています。   スローなダイエットを行うためには、太る「原因への着目」をすることがひとつのポイント。 「原因への着目」とは何かというと……少し話はそれますが、例えば、姿勢のくせにより腰痛を発症する人がいるとします。   薬で痛みのケアをしても、姿勢を直さないうちは、いずれまた腰痛が起きてしまいますよね。 同じようにダイエットでも、激しい運動や食事制限などで、脂肪を減らすことだけに集中をしても、生活の中の太る原因を解決しない限りは、おデブのスパイラルから抜け出せなくなる可能性が高くなります。   よって「体形には後から付いて来てもらう」くらいの気持ちで、ゆっくり、じっくり、太る原因を解決しましょう!  

「原因への着目」での減量とは?

0bfca45488b08b436f3554f44ab27f5f ダイエットの手ごわい相手といえば食欲ですね。食欲の対処法は主にふたつあります。   (1)がまんをする (2)食欲が起こること自体をなるべく抑える   「原因への着目」をする場合、(2)を意識してダイエットを行うことになり、例えば良質な睡眠を取ることは有効でしょう。 眠りが短かったり浅かったり、睡眠の質に問題があると、食欲を抑えるホルモンのレプチンの分泌が乱れ、食欲を高めるホルモンのグリレンが増えてしまいます。睡眠を意識することも立派なダイエットになるんですね。   さらに、早めに眠ることもおすすめ。22時~26時頃に特に分泌が盛んになる成長ホルモンは、脂肪の燃焼に必要な脂肪の分解を促すので、まさに一石二鳥です。   ANGIE×きなり いかがでしたか? 減量は、食事制限や運動などで「苦行に耐えること」と考えられがちですが、まず、肩の力を抜きましょう。 生活の中に潜む太る原因に目を向け、スローに痩せることが、リバウンドを防ぎ、あなたを理想のボディへと導いてくれるはずです。    Image photo by Pinterest Chart by 著者

ANGIE(アンジー)

トピックスRSS

ランキング