これってうつかも?自分が認められないときに役立つ思考法

ANGIE / 2014年11月6日 22時59分

5a550efa179a5ea41cc4fe072d64d884 長い人生ですから、うまくいかないことや他人の言葉に振り回されてしまうことは、よくあります。 普段は「ふーん」と流せることも、時には鋭い牙のように感じてしまったり。 「もう立ち直ることができないかもしれない」と、思い悩むことだってありますよね。   4 「人を変えようとする」と、疲れてしまいます。あなたがどんなに努力をしても、他人を変えることは簡単にはできません。   ですから、「人は変わらない」と考えた方がラクなのです。 そして、人との関係を勝ち負けで考えると、「うつ」になってしまう可能性もあります。   7 しかし、同じ状況下にいる人が、みんな「うつ」になるという訳ではありません。 ストレスフルな職場でも、うつになる人もいれば、元気な人もいます。 たとえばミスをして怒られた時に、失敗した物事だけを見るか、自己否定までしてしまうかによって、健康な精神を保てるかどうか変わるそうです。   14 「自分はダメだ」という考えに囚われてはいけません。 このような考え方に陥りがちな人は、完璧主義だったり、思いこみが激しい性格である場合が多いようです。 何かひとつ上手くいかないことがあると、そればかりを考えるようになってしまう人は、要注意です。  

今が幸せなら、それでいいんだ!

2 とにかく今が幸せならいいや、と考え方を変えてみましょう。 人生は、悪いことも起こって当たり前なのですから、「悪いことが起こるかもしれない」と気を揉むのは得策ではありません。   未来の心配をするより、今を楽しむことに全力をかけましょう! 今の自分に蓋をしてはいけません。   7132dc0493f655e9f328279b0a89a124 人と自分を比較しない、人にどう思われるかを気にしない、私は何とでもなる! そのように考えることができれば、あなたは大丈夫です。 ありのままの自分を受け入れて、肩の力がすーっと抜けてきたら、「落ち込んでいたんだな」と自分を客観視できるようになります。   あしたから、また笑顔で過ごしていきましょう。 「ケ・セラ・セラ(なるようになる)」と考えることができれば、心もカラダも軽くなるんじゃないでしょうか。   Photo by Pinterest

ANGIE(アンジー)

トピックスRSS

ランキング