大判ストールを今っぽく着こなすには?羽織りかた7選

ANGIE / 2015年11月16日 19時59分

ストール_トップ4

秋冬必須アイテムのストールですが、今年は大判タイプに大注目! さらっと羽織るだけでこなれたカッコイイ雰囲気が漂います。

また、ベルトやキルトピンでアレンジを楽しむのも今シーズンらしいスタイルです。

そんな楽しみ方いろいろの、 大判ストールの今っぽい使い方をご紹介します!

 
超定番!肩掛けアレンジ
9053841_b_997_500

Photo by ZOZOTOWN(Banner Barrett)


まずは、 肩から羽織るだけという基本の超簡単アレンジ。ニットやシャツなどの上から羽織れば、アウター代わりにも使えて便利ですよ。

チェック柄をコーデのポイントに使うもよし、グレーやベージュの馴染ませカラーでシックに装うのも今年らしいスタイルです。

 

9124339B_14_D_500

Photo by ZOZOTOWN(Deuxieme Classe)


アウターの上からレイヤードすると、おしゃれ上級者のようなカッコイイ雰囲気に。

合わせるアウターの種類は、ショートブルゾンでもひざ丈のコートでもOK。

 

8970485_b_24_500

Photo by ZOZOTOWN(Deuxieme Classe)


アウターの襟をさり気なく立たせるとシャープな印象になり、ストールの柔らかさとのコントラストでメリハリのあるスタイルが作れますよ。

 
ベルトを使ったアレンジ術
8504667_302_D_500

Photo by ZOZOTOWN(UNITED ARROWS)


ベルトでウエストをマークすれば、ポンチョのような雰囲気で、今シーズンらしい流行のボヘミアンスタイルが作れます。

さらに、ベルトの太さやデザインでも印象が変わります。太ベルトにワイドパンツを合わせれば、ボヘミアンムードがさらにアップ!

 

8970485B_171_D_500

Photo by ZOZOTOWN(Deuxieme Classe)


シックなレザーの細ベルトなら、エレガントに着こなせます。

その日の気分に合わせて楽しんでみて。

 
キルトピンを使った上級者風アレンジ
8504667_299_D_500

Photo by ZOZOTOWN(UNITED ARROWS)


キルトピン(ビッグサイズの安全ピン)が一本あるだけで、アレンジの幅が広がりますよ。 前をキルトピンで留めるだけで、ケープのように着こなせます。

写真のようにストールの端を突き合わせで留めたり、重ねて留めたりとちょっと変化を加えるだけで印象が変わるので、いろいろ楽しめますよ。

また、キルトピンの代わりに今シーズン注目アクセサリーのブローチを使うのも◎。

 

9179217_b_02_500

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)


上半身を包むようにストールを巻いて、 片方の肩付近で留めるアレンジも簡単なのにオシャレに見えるのでおすすめです。

 

大判ストールをアウターのように使ったアレンジは、今シーズンらしいエフォートレスな雰囲気がたっぷり。

ぜひ今冬は、色々なアレンジを楽しんでみてくださいね。

 
ファッションのプロに訊く!お悩みを大募集
iStock_000062565316_Small

ファッションデザイナーのいわた あきこさんに、ファッションのお悩みを相談してみませんか?

恋愛や仕事に役立つ日常のファッションから、自分らしいスタイルの見つけ方、週末を気持ちよく過ごすためのコーデなど、どんなシチュエーションのお悩みでもOK!

「2015年秋冬トレンドで、男性受けバツグンのモテアイテムって?」「会社のドレスコードに合わせながら、オシャレを楽しむには?」など、ファッションに関して持っている興味を聞かせてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング