「犬夜叉」高橋留美子が描く新たな“怪奇浪漫”連載スタート!WEB動画で犬夜叉&かごめが世界観を解説

アニメ!アニメ! / 2019年5月8日 12時0分

『MAO(マオ)』

高橋留美子による最新作『MAO(マオ)』が、「週刊少年サンデー」23号より連載開始。高橋の代表作の一つである『犬夜叉』につづく、新たなる怪奇浪漫が描かれる。今回、TVアニメ『犬夜叉』の犬夜叉役・山口勝平と日暮かごめ役・ゆきのさつきが出演するTVCM、ラジオCM、WEB動画が公開となった。


新連載『MAO(マオ)』は、『犬夜叉』『らんま1/2』『境界のRINNE』など、数多くのヒット作を生み出した漫画家・高橋による最新作。一度死にかけたことがある少女・菜花(なのか)は下校途中に突然、ふたつの世界が交わる地に。そして、ある少年と出会いを果たし、壮絶な運命に巻き込まれていくのだった。

連載開始に合わせ、山口、ゆきのさつきが出演するTVCM、ラジオCM、WEB動画が制作。WEB動画では、犬夜叉とかごめによる『MAO』の解説とともに、「犬夜叉、おすわり!!」など、懐かしいセリフも収められている。


『MAO(マオ)』が連載開始となった「週刊少年サンデー」23号は発売中。価格は特別定価で320円(税込)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング