フォロワー数85万超えの中国人気コスプレイヤー、可憐なロリータ姿を披露!【写真33枚】

アニメ!アニメ! / 2019年6月21日 21時3分

「CP24」ロリータ服/撮影:乃木章、レタッチ:寒黙

“中国版コミケ”と呼ばれる中国最大級の同人誌即売会「魔都同人祭Comicup24」が6月7日・8日の2日間、中国上海のコンベンションセンター「上海国家会展中心」で開催されました。

2007年にスタートした同イベントは通称「CP」と呼ばれ、現在は夏と冬の年2回開催。中国で最も注目を集める動漫(アニメやマンガ、ゲームなど)イベントの一つであり、そうそうたる中国動漫企業やロリータブランドが出展し、人気コスプレイヤーやロリータモデルが参加します。

今回、アニメ!アニメ!も「中国コスプレイヤーとロリータモデルの“オールスター”が集った2日間」を記者1人で取材。特に注目を集めたコスプレイヤーやロリータモデルを取材したので、回を分けてショートインタビューと合わせて紹介します。
◆◆
ロリータブランド「甜心贩售机(HONEY MACHINE)」ブースに、一際眩い可憐な荣小兔头(rong xiao tu tou)さんを見つけました。清新やスウィート系のロリータ服が良く似合う彼女は、中国でロリータ・ファッションが流行り始めた2~3年前からロリータモデルとして活躍。今回、晴れ舞台である「CP」で初の展示モデルのオファーを得たことを喜んでいました。

「CP24」2日目・甜心贩售机/撮影:乃木章、レタッチ:寒黙※画像クリックまたはタップで他の写真を見る
しかし、緊張した素ぶりは見られません。彼女は“中国版Twitter”weiboでフォロワー数85万以上の人気コスプレイヤー。『Fate/Grand Order』、『陰陽師』、『アズールレーン』、『Re:ゼロから始める異世界生活』、『NARUTO -ナルト-』、『オーバーウォッチ』、『League of Legends』、『王者栄耀』など、これまで数々の人気作品の公式コスプレイヤーを務めて来ましたから。

「CP24」1日目・甜心贩售机/撮影:乃木章、レタッチ:寒黙※画像クリックまたはタップで他の写真を見る
そんな企業から引っ張りだこの荣小兔头さんに、大好きなコスプレとロリータ・ファッションについて訊きました。会場撮りおろしのロリータモデルとしての写真だけけでなく、これまでのコスプレ写真もご提供頂いたので合わせてお届けします。

――コスプレを始めたきっかけ、ロリータモデルを務めるまでの経緯を教えてください。

荣小兔头:コスプレを始めたのは大好きなアニメがきっかけです。そもそも、アニメを観始めた子供の頃から自然と好きなキャラクターの真似をしていたんです。コスプレイヤーなら同じような経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?
そうして中学~高校の時にコスプレを知り、自分が好きなキャラクターの模倣をするようになりました。いくつかの動漫展に参加している内に、コスプレの習熟度も上がって、知名度も高くなり、公式コスプレイヤーの依頼を頂けるようになりました。

あくまで自分が楽しんでいただけですが、順風満帆なコスプレ人生と言えるかもしれません。ただ、何よりも作品とコスプレへの愛があってこそだと思います。

同じようにロリータ服も可愛いから大好きになり、雑誌で募集していたロリータモデルに応募して合格したことで今に至ります。ロリータ・ファッションはもう私の生活の一部です。

アビゲイル・ウィリアムズ『Fate/Grand Order』※画像クリックまたはタップで他の写真を見る
――ロリータ・ファッションの魅力はどこにあると考えていますか?

荣小兔头:ロリータは一つのスタイル。ロリータ服を着ることで心が晴れやかになります。私もそうでしたが、多くの女性が幼い頃にお姫様になる夢を抱いたと思います。そういった経験がある方なら、自分が“お姫様”のようなに見られることを喜ぶと思います。
私は大人になりましたけど、ロリータ服を着ることでお姫様になる夢の続きを見られるんです! 本当に大きな夢と喜びを与えてくれる特別な服なんですよ。

――普段はどんなロリータ服を着ていますか?

荣小兔头:普段はカジュアルテイストな「ソフトロリータ」が多いです。例えば、ワンピースや小さな革靴など、気軽に着回せて動きやすいアイテムを着こなしています。逆に撮影する時は、着たり動いたりするのが大変でも装飾が凝っていて写真映えするものを選びます。

――「CP」ではロリータモデルとして、どのようなお仕事をしたのですか?

荣小兔头:ロリータブランドの展示モデルです。ブランドの最新ロリータ服を着て、ブースに立ち寄ってくれた方に魅力を伝えるとても重要な仕事です。モデルの私が美しく着こなすことができれば、より多くの方の購買意欲を刺激できるんです(笑)。

今回私が着たのはロリータウェディングドレスで、とってもゴージャスでした。女の子はこのロリータ服を着たらお姫様のように輝けると思います!

「CP24」1日目・甜心贩售机/撮影:乃木章、レタッチ:寒黙※画像クリックまたはタップで他の写真を見る
――日本と中国におけるロリータブランドの違いをどう感じていますか?

荣小兔头:日本ではロリータ文化が時間をかけて発展して来ました。それに対し、中国はここ数年で急速に発展しています。国内のブランドも非常に多く、デザインのタイプも多様で、まさに百花繚乱な感じがしますね。

やっぱり、日本のロリータブランドはとても水準が高く、多くの伝統的なデザインを生み出したと感じています。数年前にデザインされたロリータ服が未だに人気が高いのは、本当にすごいことです!

もちろん、中国のロリータ服のデザインの水準もどんどん高まっています。現在の中国ではロリータ服が非常に人気であることも、ロリータ文化の広がりを表しています。とても良い流れだと思います。

D.va『オーバーウォッチ』※画像クリックまたはタップで他の写真を見る
――ご自身の場合は、コスプレとロリータで撮影に臨むにあたって違いはありますか?

荣小兔头:コスプレイヤーとしては、キャラクターの性格や背景を理解して表現することが重要だと思っています。自分を表現するのではなく、キャラクターになりきるようにしています。これはとても楽しいことです。ロリータモデルとしてなら、自分を表現することが求められると考えています。そのロリータ服を着ることで最も美しく輝けるように努めています。

ただし、共通することもあるのではないでしょうか。可愛い、カッコいい、柔和、どんな感情を表すにしても、表情とポージングは明確にしないといけないことです。

イリヤ(概念礼装「チョコ・エンゼル」ver.)『Fate/GrandOrder』※画像クリックまたはタップで他の写真を見る
――中国ではロリータ服が好きなコスプレイヤーは多いですか? 大きな理由は何だと思いますか?

荣小兔头:中国ではロリータ服が好きなコスプレイヤーは非常に多いです! コスプレイヤーが二次元文化の影響を強く受けているからだと思います。アニメやゲーム中にはロリータ服のようなデザインも多く見られますから、自然と好きになってしまうんだと思います。そして何よりも重要だと言えるのは、「可愛いもの、美しいものは、誰も拒絶できない!」ことです。

――今後の目標を教えてください。

荣小兔头: 私は目標を立ててそれに向かっていくタイプではないので、今後もたくさん自分が好きなキャラクターのコスプレができたら嬉しいです。もっとたくさんのクオリティーの高いコスプレ写真を出したい。そしてもっとたくさんの美しくて可愛いロリータ服を着たいですし、たくさんのロリータ服の写真を出したいです。そして、また「CP」でロリータモデルができたら嬉しいです。

◆◆

※画像クリックまたはタップで他の写真を見る
溢れんばかりのロリータ・ファッションとコスプレへの想いを話してくれた荣小兔头さん。取材中の筆者への対応がとても丁寧で、しっかりとした受け答えから、企業に引っ張りだこな理由が垣間見れました。

「CP24」撮影:乃木章(Twitter:@Osefly)、「CP24」レタッチ:寒黙(Twitter:@nigellizhe)
画像提供:荣小兔头(Twitter:@Usagi_RR_、weibo:@荣小兔头)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング