新作映画、アカデミー賞、秘蔵映像...ハリウッドの最新映画ニュース

AOLニュース / 2012年2月3日 16時10分

Filed under: ゴシップ, ムービー, ミュージック, Taylor Swift, Kristen Stewart, Kate Winslet, Taylor Lautner, Tom Cruise, ビデオ

スターの新作映画や今月末に開催されるアカデミー賞授賞式の情報など、最新の映画ニュースをお届け!

『エターナル・サンシャイン』に続き再タッグ!
ケイト・ウィンスレットが、『脳内ニューヨーク』や『マルコヴィッチの穴』のチャーリー・カウフマン監督の新作映画『Frank or Francis』に出演することがわかった。ケイトと監督は2004年の映画『エターナル・サンシャイン』でも一緒に仕事をしており、再タッグとなる。

ハリウッドを風刺したコメディーの本作では、スティーヴ・カレルが多作の俳優兼監督を、ジャック・ブラックがウェブサイトで気ままに論評するライターを、そしてニコラス・ケイジがアカデミー賞授賞式の司会を務める、うだつの上がらない俳優を演じるという。ドラマや映画のデータベース<IMDb>によると、全米公開は2013年になるようだ。

ケイトといえば、ジョディ・フォスターやクリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリーといったオスカー受賞者/ノミネート者が集結したシニカル・コメディー『おとなのけんか』が2月18日(土)より日本でも公開される。こちらもお楽しみに!

アカデミー賞授賞式のプレゼンターに!
トム・クルーズが、2月26日(日)(日本時間2月27日(月))に行なわれる第84回アカデミー賞授賞式でプレゼンターを務める。これは、映画芸術科学アカデミー(The Academy of Motion Picture Arts & Sciences)が発表したもので、トムがどの賞のプレゼンターになるかはまだわかっていない。

トム・クルーズの懐かし映像
豪華キャストが一堂に会する映画版『レ・ミゼラブル』最新情報
『レ・ミゼラブル』の新たなキャストが決定した。

今回発表されたのは、テナルディエ家の長女エポニーヌ役で、以前からウワサされていたテイラー・スウィフトやスカーレット・ヨハンソン、エヴァン・レイチェル・ウッド、リー・ミシェルではなく、舞台女優として活躍するサマンサ・バークスがキャスティングされたという。現在21歳のサマンサは、すでに2010年6月から1年間、『レ・ミゼラブル』の舞台でエポニーヌを演じていた。劇場版『レ・ミゼラブル』は2012年12月7日に全米公開予定。共演はアマンダ・セイフライドやアン・ハサウェイ、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウほか。

『レ・ミゼラブル』のナンバー「On My Own」を歌うサマンサ・バークス<関連動画はこちら>

『トワイライト』最新作の撮影映像
日本では2月25日(土)から劇場公開される『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』。アメリカでは2月11日(土)に早くもDVD/ブルーレイ・ディスクがリリースされるのだが、このほどその特典映像の一部が公開された。同作ではベラ・スワン(クリステン・スチュワート)の出産が1つの注目シーンなのだが、大変なのはクリステンだけでなく、ジェイコブ役のテイラー・ロートナーも同じだったよう。

ベラの出産シーンの撮影を振り返るテイラー・ロートナー
「(撮影では)大変なこともあった。真剣な表情をキープするのが難しかったんだ。ベラの呼吸が長い間止まって、僕がCPR(心肺蘇生術)を施さなければいけないシーンがあったんだけど、固く口を閉じたベラの唇の隙間から、僕はなんとかして息を送り込まなくちゃいけなかった」

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング