映画賞を総なめ。鬼才の監督とライアン・ゴスリングが語る 「ドライヴ」独占インタビュー

AOLニュース / 2012年3月29日 12時50分

Filed under: ムービー, interviews, moviefone, 2011年カンヌ国際映画祭, Ryan Gosling



カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞、各映画祭でも数々の映画賞を総なめにするも、本年度アカデミー賞でノミネートを逃すやクレームが殺到したという、世界中から注目を浴びている映画『ドライヴ』。

2012年3月31日(土)日本全国ロードショーに先がけ、"鬼才"ニコラス・ウィンディング・レフン監督と、今ハリウッドで最もホットな俳優と言っても過言ではないライアン・ゴズリングの魅力に迫るべく、AOLが独占インタビューを試みた。

moviefoneインタビュー :ニコラス・ウィンディング・レフン(左)  ライアン・ゴスリング(右)


-映画を作る上で影響を受けた人物は誰ですか?

ニコラス・ウィンディング・レフン(以下ニコラス): 「プリティ・ウーマン」に影響された
ライアン・ゴスリング(以下ライアン): ジーザスへの答えは「プリティ・ウーマン」?"
ニコラス: ああ
ライアン: 理由は俺?
ニコラス: そうさ。暗い話が最後にはおとぎ話になるだろ

-車の運転ができないそうですが、映画のお陰で免許を取る気になったのでは?

ニコラス: 実地試験に8回落ちたんだ。答えを暗記すれば筆記試験には受かる。でも質問の意味はサッパリだ
ライアン: 読み書き障害のせい?
ニコラス: そう。それに色盲だスポーツも苦手で24歳まで彼女がいなかった
ライアン: 彼女は...
ニコラス: リヴ
ライアン: 今では...
ニコラス: 妻だが関係は冷めてる。子供は2人いるよ。幸せだ
ライアン: 2人とも感動的にかわいいよね
ニコラス: そうなんだ。ありがとう

-お互いに対する感情を歌で表すならどの曲?

ニコラス: 歌か。「オールウェイズ・ラブ・ユー」
ライアン: 言うと思った
ニコラス: 超能力だ


(以上、動画インタビューより一部抜粋)

「ドライヴ」(原題:DRIVE)
ストーリー:
寡黙な"ドライバー"(ライアン・ゴズリング)は、昼は整備工場のメカニック兼映画のカースタント、夜はプロの逃がし屋。ある晩、同じアパートに住む人妻と出会い恋に落ちるが、服役を終えた夫が戻ってくると状況が一変した。
監督: ニコラス・ウィンディング・レフン
キャスト: ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン ほか
上映時間: 1時間40分
2012年3月31日より、新宿バルト9他全国ロードショー

オフィシャルサイト

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング