ブレイク・ライヴリーからジェシカ・アルバまで...セクシー写真が流出したセレブ

AOLニュース / 2012年6月20日 16時0分

Filed under: ゴシップ, ムービー, Rihanna, Vanessa Hudgens, Blake Lively, Jessica Alba, Scarlett Johansson, ビデオ

最近ではリアリティー番組のスター、スヌーキーが2度目の被害者となってしまったセレブのヌード写真流出事件。そこで<Huffington Post>では、これまで報じられた流出事件をまとめてみた。

ブレイク・ライヴリー(あくまでも否定)
2011年、ブレイクによく似た女性のヌード写真がネット上に出回る事件が発生。胸の谷間やフルヌードなどのほか、ブレイクが映画『ザ・タウン』で施したのと同じフェイクタトゥーのある女性の写真もあったが、彼女の代理人は「偽物」と断固否定。もっとも、偽物にしてはかなり良くできているようだが。

ヴァネッサ・ハジェンズ
出世作『ハイスクール・ミュージカル』で人気を博していた2007年、ヌード写真がネット上に流出してしまったヴァネッサ。彼女はこれが自分であることを認め、「ファンに対して申し訳なく思っているわ。今の状況に困惑しているし、こんな写真を撮ったことを後悔しているの」とコメントしている。

スカーレット・ヨハンソン
2011年に携帯電話をハッキングされ、新たな被害者となってしまったスカーレット。彼女はその後、「ヌード写真は(元夫の)ライアン・レイノルズのために撮った」と告白している。

リアーナ
近年のセクシーすぎる露出ぶりを思うともうスキャンダルとも呼べないかもしれないが、リアーナの場合は2009年にヌード写真が流出してしまった。元恋人のクリス・ブラウンが撮ったと思われる写真の数々が、多くの人の目にふれてしまったのだ(流出させたのもクリスというウワサがある)。パフォーマンスで自らの体を見せることにはさほど抵抗のなさそうな彼女だったが、この事件にはショックを受けていた。リアーナはラジオ局とのインタビューで、自分に起きた中でおそらく最悪の出来事だと語っている。

すでに同年2月に起きたクリスからの暴行事件で、(殴られた)自分の顔写真が出回ってしまっていたリアーナ。その後、「あのときに私のプライバシーは完全にさらされてしまったと感じたの。そして今度はこれ(ヌード写真)が出てきたってわけ。私や私のプライベートは誰もが知るところとなってしまった、と思ったわ。かなり屈辱的だったし、恥ずかしかった」と、心境を告白していた。

ジェシカ・アルバ
ジェシカのヌード写真が出回ってしまったのは2010年のこと。第1子を妊娠中に撮られたもので、大きなお腹だけでなく乳首までリークされてしまった。

現在活躍中で、なおかつ自分の携帯電話で自分のヌードを撮ったセレブならば、誰かがそれをハッキングし、流出させようとしていると考えた方がいいのかもしれない。まあ、これまでの被害者は若くてイケてるセレブがほとんどで、イメージの低下につながることは少ないのかもしれないが。

<ヌード写真疑惑を否定するキム・カーダシアン>

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング