リアリティー番組の出演者、「レズビアンに対する5つの誤解」を徹底検証

AOLニュース / 2012年7月16日 14時45分

Filed under: ゴシップ, カップル, TV, huffington-post-entertainment, ビデオ

米Showtimeのリアリティー番組『ザ・リアル・L・ワード/The Real L Word(直訳:リアル『Lの世界』)』の出演者、ソマーが"レズビアンに対するよくある5つの誤解"を検証したビデオが公開された。

今回の映像では、7月12日からスタートしたシーズン3より参加するソマーが意見を述べたり、(レズビアンに対する思い込みが)誤りであることを説明。彼女はいわゆる同性カップルにある"性の役割"や、すべてのレズビアンは"怒りを抱えた、闘争的なフェミニスト"であるという一般的な固定観念に対し、"レズビアンに対するよくある5つの誤解"というテーマで解説している。

"レズビアンに対する、よくある5つの誤解"を説明するソマー
<関連動画はこちら>

レズビアンカップルの性の役割
「私個人は、家で虫が出たら殺すわね。皿洗いだってするわよ。(それぞれの)役割は明確になっていないの」(ソマー)

レズビアンは男性を憎んでいる
「私たちにだって兄弟や伯父/叔父、そして父親がいるわ。それに私たちの中には男の子を育てているカップルもある。一緒につるむのは楽しいわよ。まあ、私は彼らとセックスはしないけどね」

男性との交際経験がないから、同性に走る
「ストレート/異性愛者の人たちにはこういったロジック(例:男性はほかの男性との交際経験がないから、女性に走る)はあてはまらないでしょ。私には嫌いな種類のアイスクリームがある。ピスタチオは好きになれないけど、でもね、"自分はこれが嫌いなんだ"と実感するために毎日食べる必要はないでしょう? (それと同じで)自分が男性に興味がないのを再認識するために、彼らとデートする必要はないってこと」

レズビアンは皆スポーツをする
「個人的にはそうでもないけど...」

すべてのレズビアンは"怒りを抱えた、闘争的なフェミニスト"だ
「ほとんどの人は何かに対して腹を立てることがあるし、レズビアンだから怒っているってわけじゃないでしょ」「フェミニズムとレズビアンは別物。レズビアンだからって、フェミニズムに目覚めるってわけでもないし」

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング