『ダークナイト ライジング』初日に銃乱射事件...沈黙破った監督、ハリウッド、ファンの反応

AOLニュース / 2012年7月21日 12時0分

Filed under: ゴシップ, ムービー, Rihanna, Justin Timberlake, Jessica Simpson, Lea Michele, Cory Monteith, Barack Obama

米コロラド州デンバー郊外、オーロラ市の映画館で現地時間20日未明に、ガスマスクを着用した男が観客に向けて銃を乱射し、少なくとも12人が死亡、58人が負傷した。事件が起こったのは映画『ダークナイト ライジング』の初日公開イベント、夜12時からの特別上映でのことだったので、ハリウッドは揺れている。ツィッターから見る、セレブや映画ファンの反応は...?そしてついに、監督が沈黙を破り声明を発表した。

防弾チョッキを着て完全武装していたというその男は、ガスマスクを着けていた。前方右側の出口から上映中の劇場に入り、何らかのガスを放ってから、劇場の前に回って銃を乱射し始めたという。満員の初日特別上映イベントだったため、イベントの一部の余興かと一瞬思った人もいた。

しかしそれは悪夢のような現実で、次々と人が倒れていった。撃たれた人々が逃げまどう中、映画はスクリーンに流れ続けた。目撃者によると、壁を突き抜けて隣の劇場にいた人に当たった銃弾もあったという。

容疑者ジェイムズ・ホームズ(James Holmes, (24))は抵抗することなく、映画館の裏の駐車場で警察に身柄を確保された。コロラド大学大学院で、神経科学の博士課程に在籍していたそうだが、動機などはまだ不明だ。

アメリカ全体がこの悲劇にショックを受けている中で、ハリウッドの製作会社やセレブも、ツィッターやフェイスブックでショックと悲しみ、追悼の言葉を次々に述べている。『ダークナイト ライジング』のキャストは実は今、予定されていた現地プレミアのためにパリにいるのだが、記者会見、レッドカーペットなども含め、全てこの事件のためキャンセルされた。

『ダークナイト ライジング』の製作会社であるワーナー・ブラザーズは次のような声明をフェイスブックに発表している。
"ワーナー・ブラザーズはこの衝撃的な事件に、深い悲しみを覚えています。被害者のご家族や関係者の方々に対し、心からお悔やみを申し上げます。"

事件の詳細はまだ捜査中でほとんど何も分かっていないが、時間が経つにつれ、この悲劇を銃規制に関する議論にからめて考える者も。

CNNのキャスター、ピヤース・モーガン(Piers Morgan)はこれに関して一番乗りだった。ツィッターで、
"このコロラド映画館発砲事件の詳細はゾッとするものがある。アメリカは銃規制法について何とかすべきだ。"と真っ先につぶやいている。

他に、リアーナや映画監督のケヴィン・スミスなどは、単にニュースに言及し、遺憾の意を表した。一方で、ドキュメンタリー映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』(原題:Bowling for Columbine)で銃社会としてのアメリカを検証したマイケル・ムーア監督はポツリとこうつぶやいている。 "悲し過ぎて今はコメントできません。"

大統領選の両候補、オバマ大統領とミット・ロムニー氏も、哀悼の意を伝えている。オバマ大統領はフロリダで選挙キャンペーンのスピーチを予定していたがとりやめ、こう述べた。
"このような暗闇と難問に直面している時こそ、アメリカン・ファミリーとして一つに結束する必要があります。私達全員が、家族、友人、そして隣人を失ったオーロラ(の人々)を思い祈らなければなりません。"

そしてロムニー候補は、
"無分別な暴力がコロラドで15人の方の命を奪い、もっと大勢を負傷させたというニュースで、アンと私は大変悲しく思っています。ひどい衝撃と悲しみを感じていられるであろう被害者のご家族と関係者の方々のためにお祈り申し上げます。このおそろしい犯罪を犯した人物が、速やかに処罰されることを期待しています。"と述べた。
(訳注:死者は今のところ12人とされるが、事件発生当時の報道では多く報じられていた。)

その他セレブ何人かの、ツィッターによるリアクションはこんな感じだ。

ジャスティン・ティンバーレイク @jtimberlake:
"オーロラの映画館乱射事件のことを聞いてとても悲しい。犠牲者とその家族の方々に、お祈りをささげます。"

サミュエル・L・ジャクソン @SamuelLJackson:
"(フォロワーに向かって)ゆうべ、コロラドの例の映画館にいなかったことを祈る!被害者と家族の皆さんに、心からお悔やみ申し上げます。"

リア・ミシェル @msleamichele:
"今朝早くに、コロラドの乱射事件に巻き込まれた全ての方々に深くご同情申し上げます。なんて悲劇なの。みなさんのためにお祈りしています。"

コリー・モンティス @CoryMonteith:
"銃は人を殺さない、人がそうするのだ、とか言うけど、社会をなんとか直さない限り、釣りショップでAR-15(自動式ライフル)を買えるべきじゃない。"

ジェシカ・シンプソン @JessicaSimpson:
"コロラドで起きた乱射事件の被害者の方々と、ご家族のためにお祈りしています。すごく悲しい。なんてひどい。(みなさんに)神のご加護がありますように...。"

そして映画ファンも、揺れ戸惑っている。今日は『ダークナイト ライジング』の公開初日の金曜日で、出かける予定を立てていた人も多い。しかし、真似をした犯罪が出て来るのではないかと怖くなった、という声も聞かれる。「オープニングの週末は避けることにした」「死んだ人は見られなかったのに、なんだか楽しんだら悪い気がする」という声もツィッターでつぶやかれている。「DVDが出るまで待つわ、家で見る分には安全だから」なんていう人も。

そんな中、『ダークナイト ライジング』のクリストファー・ノーラン監督が沈黙を破り、事件に関して次のような声明を発表した。
"The Dark Knight Rises"の出演者並びに製作関係者を代表し、オーロラに降りかかった無分別な悲劇に、深い哀悼の意を表します。犠牲者の方々のことを存じ上げていたわけではありませんが、皆さんは昨夜、映画を見にそこに出かけられた。私は映画が、アメリカの芸術形式の中でも特に素晴しいものの一つであると信じています。そして、物語が展開していくのを(他の人と)一緒に見る体験は、楽しく大切な娯楽だとも。映画館は私の(心の)家です。そしてその家、純真で希望に満ちた家を、誰かがこうして耐えられないほど野蛮な方法で冒とくしたことは、とてつもないショックでした。この恐ろしい犯罪の犠牲者の方々への私達の気持ちは、とても言葉で充分に表せるものではありませんが、被害者、そしてご家族の方々に心からお悔やみを申し上げます。"

<Hollywood Reporter>によれば、NBC、ABC、CBSなどのテレビ局数局が、乱射事件のニュースが続く間、『ダークナイト ライジング』のCM放送を控える決断を下したという。これを受けてワーナー・ブラザーズは、CMから銃が使われている部分を削除する検討をしているとのこと。『ダークナイト ライジング』はもちろん、この事件は映画業界全体にしばらく影響を及ぼすかも知れない。

記事元:HuffPo(1)、HuffPo(2)、HuffPo(3)、HuffPo(4)、toofab.com、HuffPo(5)、HuffPo(6)、

【関連記事】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング